誕生日

まるで孫の誕生日のような賑やかなケーキだが、私の誕生日を祝って作ってくれた。
年齢の数だけロウソクを立てるなんてもうずっと昔の話。
そんなことより家族で揃っていただけることが何よりのプレゼントだ。

もう一つ、何よりのプレゼントは「孫が描いた私」の絵。
年月日に注目だ。どうしてこんな器用なことができるんだろう。

家族に感謝の夜でした。

誕生のケーキ

「誕生日」ではなく、「誕生」のケーキ。
「ようこそ、我が家族へ」。
お目目パッチリ開けて、喜んでくれている。

大きな泣き声。
元気、元気。

Apple Watch 買い換える

Apple Watch 購入。

アップル製品のパッケージは、毎度、iMac、iBook、iPhone、iPad、Apple Watch、とヘビーユーザーの私を驚きとワクワク感で満足させてくれる。

購入したのは、Apple Watch Series4 (44ミリ)ステンレススチールの黒。

初代から使用しているが、これが3回目の買い替えになる。過去2回のうち、最初は台湾での事故の折に調子が変になり交換対応、次は、バッテリー交換が必要になったため。
その都度、Appleショップ(私はいつも銀座店を利用)が親切、丁寧に対応してくれて、納得のいくバージョンアップだ。

平成最後の日は渋谷と新宿で

渋谷スクランブル交差点

いよいよ平成時代最後の日。

意図してここに来たわけではないが、今や、お祭り騒ぎと言えばここ、渋谷駅前スクランブル交差点。

何かみんな同じことを考え、同じ思いを持ち、一緒であることに安心する、そんな空気が充満してきた平成時代だったような気がする。日本は戦争はなかったが、大きな災害に襲われた。太古から自然災害に襲われ、向き合い、乗り越えてきた日本人。災害大国日本が日本人のマインドと大きく関連しているのかも知れない。

平成最後の夜。
新宿のイタリアン・レストランで食事。

私にとって苦楽が交差する経営者人生を全うできた平成時代。
平成28年3月には、台湾で九死に一生を得る大事故に遭遇。

家族と共にハッピーな時間を過ごしながら終わろうとしている平成に大きな感謝を。

引っ越し〜40年前を思い出す

快晴!
今日は、息子夫婦と孫の引っ越しの日。たの用事でたまたま東京にいるので、奇しくも、一緒に豊岡に帰ることになる。

2007年の青山ショールーム開設以来、12年間を東京で生活してきた息子。その間に、結婚、息子の誕生、社長就任と人生の節目を過ごした東京を離れる彼の心境は?

出発する新幹線。ホームには義父母が見送りに。

40年前に私と妻が経験したのと同じ場面だ。東京を離れる寂しさと、新しい生活への不安とどこかホッとする気持ちが入り混じった複雑な心境だった。息子夫婦はどうなんだろう?

5才の孫は、片時も離さず「乗り物」を持っている。「のぞみ」に乗ってるのに「こまち」。ま、そんなことはどっちでもいいのだが、家族全員揃っての「旅」は初めてだ。

これからもこんな機会はそう多くないから、貴重な時間を楽しもう。と、思いきや、孫は出発するとすぐにグッスリと寝てしまう。そんなに何もかにもがうまくいくわけではない。

寝顔を見ながら、これから始まる豊岡での生活を思いっきりエンジョイし、学び、成長していく姿を描く。

台湾事故から3年〜人生の節目に感謝

2018年10月台湾訪問(空港から台北市内へ)

あれから3年。

2016年3月11日、朝6:50(?)、場所は台北市。
毎日の日課の早朝ウィーキングのため、6時にホテル部屋を出て数ブロックをグルリと1周して、ホテルに戻り着く寸前の横断歩道で車に撥ねられた。
空中を飛び、頭から落ち、意識不明。
気がつくと救急病院。
救急車で運ばれたらしい。

ビジネスとプライベートで、もう30年以上台湾を訪問しているが、その日は3月と言えども震えるほど寒い日出でした。

2018年10月。台北市中心部

3年経ち、事故の怪我からはほぼ回復して、事故以前のペースで生活ができていることにまずは感謝しなければならない。

奇しくも、3月11日は東日本大震災の日。
私にとっても大きな「人生の節目」に日である。

やはりメガネは慎重に新調しなくては

愛用のメガネ壊れる。修理に同ブランドのショップに行って修理ができるか確認をしたが不可とのこと。それから半年近く、臨時で出来合いの低価格のメガネを使用していたが、やはりいつまでもとはいかない。

新調を決断。
お気に入りに同ブランドのメガネにすることに。
もう20年近く、銀座本店で視力検査をし、データも蓄積していたが、ここ大阪店で、銀座本店と連絡をとり、データを取り寄せてもらう。

景色を見たり、運転したり、テレビを観たりと日常生活は裸眼でいける。読書、パソコン時が問題。遠視ですね。会議やプレゼン時に、手元の資料と人の顔を交互に見る時が一番困る。遠近両用の調整を綿密に行なう。

14年目のブログ記念日

この “KOH’s VIEW” も14年目の記念日(私が勝手に決めた記念日)。
1年前の記念日

2005年3月1日は、大被害(自宅も会社も床上浸水)を受けた2004年10月の台風23号から4ヶ月ちょっと経ったころ。記憶も鮮明だ。自分自身は、グロービスで経営学を学びながら、会社を復旧させようと奔走していた。

そんな時期に、自分が溜め込んできた経験、日々行動し感じたことなどをアップ。

「なぜブログ?」といつも問いながら、でも書き続けた。SNS(Twitter、Facebookなど)が隆盛になる中、それとの関連付けをしてみようと試みたり。

しかし今、またブログが、自分の姿と思いを記録し、新しい知識を得て考え、行動する原動力になっている。

これからも「なぜ、ブログ?」と問いながら、続けてみよう。

KOH’s VIEW    (ココログ) 2005年3月1日   〜
KOH’s VIEW tumblr (tumblr)  2014年3月15日 〜
KOH’s VIEW 3.0   (fc2)   2014年12月7日 〜