草刈りをお願い!

シルバー人材センターにお願いして、自宅周辺の草刈り。
とても1人でメンドウは見切れない。

草刈機でザーッと、ガーっと、刈るところ刈り、残すところとのキワは剪定バサミで丁寧に。
定期的にお願いをしているシルバー人材の方達は、勝手も知っていただき、いつも手際よく作業を進めていただける。感謝!

江原・宵田地区の円山川堤防工事続く

回覧板が回ってきた。
台風23号(2004年10月)で浸水被害にあった江原・宵田地区の円山川左岸の堤防工事がいよいよ大詰めを迎えている。

2020年6月1日〜9月30日の4ヶ月間で黄色の区間の整備を完了するという。
「荒神社」と書いてあるところが江原の神社。青い屋根の右側が江原郵便局の交差点。
施工区間の向こう側が宵田神社のあるところ。宵田神社(黄色区間の上方部に見える)を移動させて今回の整備に当たる。

3月29日撮影

江原神社と円山川の間にある堤防。整備中である。
完成するとどのような堤防になるのか、期待が大きい。

3月29日撮影

ちょうど堤防になる土が見えている場所あたりにあった宵田神社を移動。
こちら側が工事車両の出入り口になる。

日高幼稚園とその広場

学童保育へ行っている孫を迎えに日高幼稚園へ。
私も小さい時に通っていた幼稚園。昔も今も日高小学校の隣接地にあるが、私の時とは異なる位置にある。

我が家の横の広場改造計画を推進中なので、オッと思ったのがこのグラウンド。
芝生とクローバーとが自然なバランスで入り混じっている、この雰囲気は参考にしたい。

雑草広場へ

以前から模索していた「広場の構想」イメージが具体化してきた。
もともと、畑を砂利で埋めた空き地だったので、地面は石ころだらけ。

土を入れ替え、植物を育てやすく。
雑草ばかりになりそう。
「雑草という名の植物はない」と誰かが言ったことに同感だ。

近所の子どもたちが自然と遊べる広場に変身できればいいな。

久しぶりの小学校

豊岡市立 日高小学校。
私の母校。もちろん、今とは違う木造校舎。もう少し東側(写真向こう側)にあった。

今のこの場所は日高中学校(日高東)があった。校舎前にはテニスコートがあり、教室や屋上からブラスバンドの音が聞こえて来るのを思い出す。

校舎は変わっても、この山並みは不変。

♫朝(あ〜した)碧(みどり)に空晴れて、旭(あ〜さひ)に映ゆる寿留喜(する木)の峰の

日高小学校校歌

左の姫路山と右の進美寺山の中間やや左にあるトンがった山が寿留喜山。

久しぶりに屋上に上ってみた

姫路山。手前の家並みとの間に円山川が流れる。

新緑に誘われ、久しぶりに本社屋上へ。

進美寺山(しんめいじさん)を望む。

どれもちょっとずつ。東に江原河畔劇場。北に但馬コウノトリ空港。西に神鍋高原。南に城山。わかりますか?

五月・皐月・早月

もう5月。
毎年、この時期の新緑が美しい。

まだ5月。
今年、オープンした「江原河畔劇場がくっきり。
手前は、この3月に完成した堤防。
まだ工事の土がむき出し。

緑の侵略が待ち遠しい。

江原地区の円山川堤防工事始まる

黒い土嚢から向こう堤防の間が未工事。

台風23号(2004年10月20日)の水害により激甚災害地区に指定され、国土交通省による円山川堤防工事が開始して10年以上になるが、やっと江原地区の工事が始まった。とは言え、2ヵ所あるうちの1ヵ所。江原墓地の箇所は未着手。

円山川に向かって内水路が一本走っている。最初にその水門を作る工事。

江原地区の未着手の場所から仮設の工事用道路を作って工事が始まる。

円山川の向こうに見える白い建物が現在改造工事中の「江原河畔劇場」(旧・豊岡市商工会館)。この堤防と劇場が来春には完成。江原地区のこの周辺が大きく変化する。