タマネギ収穫

昨年秋に植えたタマネギの収穫。初めてのチャレンジ。そもそもどう育つのか、さっぱりイメージできずにここまできた。お師匠Kさんに「タマネギ1週間に何個食べますか?」と質問され「えっ??」タマネギをそんなふうにカウントしたことはない。二人だけとして「まあ、2〜3個かなあ」と答えると「じゃあ、100本植えときましょう」と。細いヒョロヒョロっとした苗を植える。それが、ここまでピンと立ち、大きくなったことに感慨深い。(食べるよりも大きくなったことだけでも達成感)

肥料不足なのか、育て方なのか、なんなのか、玉が小さい。その分(?)引っこ抜くのは簡単。テレビの菜園番組でネギ坊主が立つ前に収穫を、とあったので、「もういいんだ」と決断。

近隣の農家の軒下にタマネギがぶら下がっているのを見るが、上部のネギの部分をカット。(いいんだろうか?)ネットか何かに入れて乾燥させながら、食卓に載せよう。

青山ショールーム再開

私自身は、豊岡を離れず仕事とプライベートを両立させていました。東京のショールームは休業を解き、いよいよ再開。東京スタッフから写真が送られてきました。

5月27日に再開。東京都のコロナ感染予防自粛要請の解除によるところです。各社、各店まだ試運転の段階で、フルオープンといかないのが現状。「3つの密」を回避しながらの再開となりました。

当分の間、開店時間11:00〜18:00、予約制となります。
(早速、予約も入り、マスクしながら接客させていただきました)

ショールームのある新青山ツインビルの中庭。いつもはランチしたり、休憩する人たちでいっぱいですが、それぞれ距離を開けながらひっそりと。ここもソーシャル・ディスタンス。

青山一丁目交差点。自粛要請期間が開け、人の往来が少し増えてきた様子。

ブタナ〜Befor After

我が家の近所も例外ではない。

最近、近所の空き地でも、車に乗っててもあちこちで見かける黄色い花はブタナ。
ちょっと可哀想な名前だけど、同情している場合ではない。
外来種として在来種を駆逐しながらその勢力を急拡大している。

見かねて、ブタナを伐採。
すっきりとしたが、まだ、予断を許さない。この夏の間にまた繁茂するのだろうか?それとも来春まで生えて来ないのだろうか。注目だ。

ブタナ〜急激に勢力拡大してる

ブタナ(キク科)
ヨーロッパ原産の帰化植物。名前の由来は「ブタに食べさせる菜」や、仏語俗名から、などの説がある。花茎が低い株は遠目に見るとタンポポのようだが、よく見ると花茎は枝分かれし、全体に毛が生えているのですぐに本種とわかる。花茎の高さは20〜70cmで、1つの花茎に1〜3個の花序がつく。頭花の直径は3〜4cm。葉はすべて根元から生え、切れ込みが深いものから、ほとんどないものまで変化が大きい。草地や道端、芝生などに普通に生える。
『野草図鑑』 高橋修・著

一見すると、オオキンケイギクに似ている。どちらもキク科で黄色い花。オオキンケイギクは、平成18年(2006年)に外来生物法に基づく特定外来生物に指定される。

このブタナの進出も目を見張るものがある。ブタの餌どころではない。
駆除していく必要がありそうだ。その指定などはないのだろうか。

最強コンポスター〜我が家の「いい土づくり作戦」

これなんだか分かりますでしょうか?

庭に作った「雑草・落ち葉用コンポスター」と呼べば良いんでしょうか。
春夏の抜き取った雑草、秋冬の掃き集めた落ち葉を捨てる場所。
たたみ、一畳サイズの穴を掘り、枠で囲ったもの。

向こうの建物の手前にも。この2カ所で昨年秋の落ち葉全てを処理、その上に土を被せて冬を越す。隣の広場造成のため掻き出したあと。落ち葉はまだ姿は残すものの、良き堆肥となるべく発酵が始まっている。

甕をひっくり返して地面にあるのは、食べ物(残飯)のコンポスター。昨年4月に設置し、それ以降、野菜、魚の骨、エビカニの殻、お肉(さすがに少ないが)など全て、外部のゴミ収集に出さずに全部ココに。こちらは、完璧にどんどん土と化していく。気持ちいいのだ。

現在4つ設置し、ローテーションで掘り込みながら、いっぱいになってから2〜3ヶ月経つと、もはや残飯の姿は無く、肥沃な土となる。これを隣の畑の土へと混ぜていく。

昨年から始めた我が家の「いい土づくり作戦」。

『地図帳の深読み』 今尾圭介・著

昨今「多様性」が叫ばれるのは、世界を均一化の方向へ誘うグローバル化への警戒感ゆえだろうか。紛争の多くはお互いの無理解に起因するのだろうが、異文化を認め合うことが広義の安全保障につながるとすれば、炎上するセンセーショナルな報道ではなく、地道に地図帳に親しむことこそが平和への王道かもしれない。
『地図帳の深読み』 今尾圭介・著 (「あとがき」p173 )

著者の「あとがき」を読んで、そんなに高尚な学びにもなるんだと気づく。この著書の面白いのは、地球誕生からの地形をベースに、ヒトの歴史を辿っていること。国名、地名などのネーミングの由縁など、地形(空間)と歴史(時間軸)とを交差させながら解説しているところなど。

コロナで中断してしまったが、これからいっぱい「旅」をしてみたい、と読んでみた。

身近なところでは、「日本最多 七つの国にまたがる兵庫県」(p52)訪ねたことのある「中国雲南省の大河並走〜長江、メコン川など名だたる川の源流部」(p24)など、深く知るとさらに興味が湧いてくる。

江原・宵田地区の円山川堤防工事続く

回覧板が回ってきた。
台風23号(2004年10月)で浸水被害にあった江原・宵田地区の円山川左岸の堤防工事がいよいよ大詰めを迎えている。

2020年6月1日〜9月30日の4ヶ月間で黄色の区間の整備を完了するという。
「荒神社」と書いてあるところが江原の神社。青い屋根の右側が江原郵便局の交差点。
施工区間の向こう側が宵田神社のあるところ。宵田神社(黄色区間の上方部に見える)を移動させて今回の整備に当たる。

3月29日撮影

江原神社と円山川の間にある堤防。整備中である。
完成するとどのような堤防になるのか、期待が大きい。

3月29日撮影

ちょうど堤防になる土が見えている場所あたりにあった宵田神社を移動。
こちら側が工事車両の出入り口になる。

コロナ渦の経営方針大会

コロナ感染対策のため、社員間の間隔をとり、窓を開け、マスクをする。

5月より会社の新年度が始まりました。いつもは、全社員が一堂に解して経営方針大会を行うが、今年度は4つのグループに分けて、3日間かけて開催。

「アフターコロナ」「ウィズコロナ」と呼ばれる、コロナ後の世界を想定して、我が社はどのような経営をしていくのか、そのビジョンと戦略を共有しました。

日高幼稚園とその広場

学童保育へ行っている孫を迎えに日高幼稚園へ。
私も小さい時に通っていた幼稚園。昔も今も日高小学校の隣接地にあるが、私の時とは異なる位置にある。

我が家の横の広場改造計画を推進中なので、オッと思ったのがこのグラウンド。
芝生とクローバーとが自然なバランスで入り混じっている、この雰囲気は参考にしたい。