友人とゴルフと神鍋高原

TBAという会がある。Tajima Business Associationのつもりだが、どうもTGAと言った方が当てはまる今日である。G=Golfのこと。結成して、もう15年ぐらいは経つだろうか。不定期ではあるが、ゴルフとその夜の交流。みんな経営者なので、事業の近況報告や経済情勢、地域のことなど、情報交換をする貴重で楽しい時間。

今回は私が幹事役。
地元で、理事もさせていただいている「大岡ゴルフ倶楽部」でプレー。
夜の交流会は「神鍋山荘 和楽(わらく)」

今回は神鍋高原にこだわる。

城崎温泉は順調にインバウンドが増え、滞在型のリゾートの要望が多くなっている。ここ神鍋高原でのアクティビティとドッキングするのも大いにあり。また、来年から始まる「豊岡演劇祭」の舞台(野外劇場など)として神鍋高原の魅力はさらに拡大するだろう。もっとみんなに知ってもらいたい、そして神鍋の観光関連の方達との連携を深めて行きたいとの思いから。

まだまだ続くのか夏

ふと見上げる夕暮れの空。西の空にはスジがかった雲が見える。
小さな秋を予感させた瞬間。

東を向くと円山川。向う岸の白いラインは、通常の水面より水位が下がっている証明。
梅雨の時期も円山川の水位は上がることもなく、その後も雨の少ない猛暑の夏が続く。

BBQとセンメリと

コネティカット州に住む友人夫婦とBBQ。豊岡出身の古くからの友人Cさんは豊岡出身。毎年、夏には旦那さんと子供たちを連れて豊岡市に帰省する。それは、子供たちの教育、日本文化を知ってもらいたいために。ちょうど我が家も長男夫婦に次男カップルが滞在。

賑やかなBBQも終わり、夜も更ける。

BBQ後は、恒例(?)のピアノ演奏会。母娘の共演。われわれ仲間がつけた母のニックネームは「センメリさん」。そう、「戦争のメリークリスマス」のテーマソング(坂本龍一作曲)がオハコ。締めくくりに「戦メリ」が流れる最高の夜となった。

カボチャにトマト、そして

一気に収穫。
ミニトマト、カボチャ、マクワウリ、ゴウヤ。
ゴウヤの収穫が遅れて黄色くなっているのが残念。

畑の草ばかり気になっているが、庭の木々も鬱蒼と。

緑と暮らすは簡単ではないが、そこを楽しまなくっちゃあ。

スイカ収穫

2個目の収穫だ。
初めてのスイカ作り。もっと大きいスイカを予想していたけど、小ぶりなスイカ。

でも、スイカはスイカ。
食べるよりもまずしっかりと眺めて。

模様が綺麗。
中身は黄色スイカ(写真撮り忘れ)で甘くて美味しい。

Michel Petrucciani “Conversation”

Michel Petrucciani “Conversation”

Michel Petrucciani : p
Tony Petrucciani : g

1.Summertime
2. Sometime Ago
3. All The Things You Are
4. My Funny Valentine
5. Nuages
6. Nardis
7. Michel’s Blues
8. Someday My Prince Will Come
9. Billie’s Bounce
10.Satin Doll

演奏者リストからわかるように、ミッシェル・ペトルチアーニと父・トニーとのピアノとギターのデュオ。それを知った上で改めてジャケットを見ると、何かジーンと来るものがありますね。

演奏も交互にソロをとり、バックにまわってリズムを刻む。お互いプロ同士の親子のデュオってどんな気持ち何だろう。一音、一音に何を感じ、どう応えるのか。また違うアドリブの掛け合いがあるのだろう。

日高夏祭り〜江原駅前の賑わい

夕方、「夜の祭典」会場には、スマホで写真を撮る大勢の親(たぶん)がいる。保育園児たちがダンスを披露。

いつもは家でビールを片手にBBQの準備をしながら花火大会の時間を待つ。
が、今年は江原駅前で開催される「夜の祭典会場」に出向いてみる。

来年の4月には「江原河畔劇場」(平田オリザ氏主宰の劇団青年団が引っ越してくる)が完成。ちょっぴり、来年のこの「日高夏祭り」とどうリンクしてくるのか、などと想いを寄せながら、街を歩いてみた。

誕生日

まるで孫の誕生日のような賑やかなケーキだが、私の誕生日を祝って作ってくれた。
年齢の数だけロウソクを立てるなんてもうずっと昔の話。
そんなことより家族で揃っていただけることが何よりのプレゼントだ。

もう一つ、何よりのプレゼントは「孫が描いた私」の絵。
年月日に注目だ。どうしてこんな器用なことができるんだろう。

家族に感謝の夜でした。