いろ(紅葉)いろ(黄葉)

西湖根場(さいこねんば)集落の紅葉が美しい。

楓(かえで)と銀杏(いちょう)のコントラストが鮮やか。

秋、いっぱい。

秋が作り出す「赤、青、黄」。

住所は、
山梨県南都留郡富士河口湖町西湖根場2710

見慣れない漢字の配列が新鮮だ。^ ^

ああ、伊豆は雨だった〜修善寺温泉から三島へ

修善寺温泉に宿泊。

歌舞伎「修善寺物語」とか、川端康成「伊豆踊り子」などで「修善寺」という地名は知っているが、実際に訪ねるのは初めて。

この桂川を挟んで、温泉街が続く。竹林、赤い欄干の渡月橋があり、温泉風情を醸し出す。静かな佇まいの温泉だ。

温泉マップで見ると、22軒の旅館がある。考えて見ると、我が城崎温泉は、温泉情緒を保ちながら大きな温泉であることを再認識する。チェックアウトしタクシーの運転手に聞くと、「廃業したりしてもっと少ないですよ」と。

修禅寺

桂川を少し登ったところに「修禅寺」がある。
こちらは「禅」の字。

三島スカイウォーク

日本一高い富士山と、日本一深い駿河湾を、日本最長の大吊橋から眺める。
「日本一の景色」だそうだが、この日は雨。(t_t)
想像力を逞しくして観賞(感傷)。

完成オープンして3年。吊橋のスタート地点には「300万人突破」との看板がある。この橋だけで年間100万人とは凄い。中国人らしき観光客も多いのでインバウンドの来訪も多いのだろう。

三嶋大社

「御由緒」によると、
・創建時は不明。古くより三島大明神と称せられ、富士火山帯の根元の神、伊豆の国魂の神として信仰される
・中世以降、武士の崇敬を集める。源頼朝の旗揚げの地でもある。
・東海道五十三次「三島宿」(安藤広重)には、この鳥居が描かれている。

三嶋大社本殿

「権現造り」の本殿。本殿の大きさは出雲大社とともに国内最大級で高さ23m、鬼瓦の高さ4mという豪壮なもの。
(見難いですが、奥の本殿に注目)

三島の名物は「うなぎ」ということで、人気店「うなぎ 桜家」で鰻重をいただく。レギュラー(鰻一匹)で4700円と、やはり鰻は高価な食材。
1.5匹、2匹という大盛りメニューもあるから驚きだ。
(手が滑って、ちょっと山椒かけ過ぎました)(^ ^;)

タレはあまり甘くなく、私にはちょうどいいお味でした。

「うなぎ 桜家」から徒歩1分、伊豆箱根鉄道駿豆線「三島広小路」駅。
一見、路面電車かと思える民家やビルが密集している間をぬって電車がやってくる。(のんびりして懐かしい風景だ)

JR三島駅まで一駅。
無性に「鰻」食べたくなる時があるが、「新幹線で「三島」途中下車して食べに行く」ってこともできそうだ。(^_^)

初・富士五湖めぐり

山中湖

「富士五湖めぐり」をすることになった。
「お弁当コウノトリの里」の理事役員旅行に途中から合流。

御殿場を出発し、山中湖からスタート。
あいにくの雨模様だが、徐々に天気が回復するのを期待できそうだ。

忍野八海

山中湖から河口湖へ向かう途中にある「忍野八海」(おしのはっかい)。

真ん中にある中池は水深7mの珪藻土で出来ている。
富士山からの湧泉で出来た池。
それぞれの池は深いところで繋がっていて魚が行き来しているそうだ。

ほとんどが中国人観光客。お土産物屋さんも賑わっている。
「日高の昆布」「南部鉄瓶」など、ちょっと産地が違うのでは?
「何でもあり」の特産品にはちょっと躊躇する。

北口本宮富士浅間神社

富士山登山者は、この「富士浅間神社」で安全祈願をしてから登る。
樹齢1000年以上と思えるたくさんの杉の巨木が印象的だ。

西湖

五湖のうち、リゾート地、観光地として開発されているのは「山中湖」と「河口湖」の二つ。

残りの「西湖」「精進湖」「本栖湖」は、湖畔のキャンプ場や数件の旅館などが点在する。ゆったりとオフを楽しむには、こちらの方が良さそうだ。

西湖いやしの里根場

西湖の西北に位置する根場(ねんば)集落。昭和41年の台風災害により集落毎移転し、その後、伝統の茅葺民家を復元したもの。

「かぶと造り」と呼ばれる茅葺民家は、京都・美山や白川郷のそれとは違う風情があってとても興味深い。

正面には富士山が見える(はず)。

紅と黄の紅葉が美しい。
入り口近くの茅葺民家が食事処担っている。

 

ほうとう

甲州名物の「ほうとう」。
初めて食べたが、なかなか美味しい。
きしめんのような、平たい麺と味噌味が特徴。

「本栖湖」。
こちらの人気スポットは、千円札富士山のビューポイント。
千円札をチェックする。

ちょうどこの瞬間、雲間から富士山頂が見える。
なるほど、ぴったりと一緒。
(どうぞ、千円札を取り出して、この写真と比べて見てください)

白糸の滝

五胡を巡った後、山梨県から静岡県に入る。

富士宮市の「白糸の滝」に立ち寄る。
富士山の湧水が約150mにわたって流れ出て滝となる。

この辺りの地層は、下部に不透水層の古富士泥流堆積物が、上部に透水性の新富士溶岩流。
白糸の滝は、崖面として露出し、幾筋もの滝となって流れ落ちている。

最近、地形、地質に興味がある私にとって、富士五湖めぐりは、なかなか面白い小旅行となった。

京釜特別鑑賞茶会〜大西清右衛門美術館

京都・大西清右衛門美術館。
開館二十周年を記念して開かれる茶会に出席いたしました。

400年に渡って代々続く大西清右衛門の茶の湯釜が展示されている。その時のテーマにより、展示される釜が変わり、何度来てもいつも初めて観る御釜が並んでいるので、興味深い。

茶席では、2代目「浄清」(1594~1682)の釜が掛けられている。
江戸時代初期の釜です。

茶席のあとの「たん熊」のお弁当。
京都の充実した時間でした。

鶴見茶屋〜深まる秋を感じながら

深まる秋を感じながら、ここはコウノトリ郷公園。

今日の目的は、「鶴見茶屋」でお茶を一服を頂くのを楽しみに。

むかしは、コウノトリはツルと呼ばれた。昭和初期には、出石の鶴山では鶴見客相手に茶店があったという。

お茶を点てているのは、県立豊岡総合高校茶道部の皆さん。
(春は県立豊岡高校。年2回の鶴見茶屋が開かれる)

この鶴見茶屋のきっかけは、コウノトリ郷公園で、ここを訪れたお客様が、コウノトリを眺めながら、一人、野点でお茶を一服されていたのを、コウノトリ文化館のスタッフが見かけ、お話をしたのが始まり。

その方は、羽箒の収集と調査研究されている下坂玉起さん。但馬コネクションのゲストにお迎えし、羽箒のお話をお聴きしました。

「コウノトリ饅頭」。
これが美味しいのだ!
知る人ぞ知る豊岡の隠れ名物の「鹿饅頭」の別注バージョン。

今年で4年目を迎える鶴見茶屋。
年々お客様が少しずつ増えているそうだ。

季節を感じながら、コウノトリ観ながら、饅頭をいただきながら、
素敵な一服の茶でした。

今年も薪ストーブの季節がやってきた

薪ストーブ、点火!
今年も薪ストーブの季節がやってきた。

2008年の暮れに設置して、今年でちょうど10年になる薪ストーブ
寒い冬もこれで乗り切れる。
直火を見る事で身体も心も温まる。

「薪」はハンガーの木屑(端材)を使うことができるので幸いである。

会社でも木屑や機械加工で出るおが屑を焼却炉で燃やしてスチームを起こし、塗装乾燥や暖房に利用している。

自然からいただく木材料を、最後の最後まで使い切ることを大切にしたい。

毎月初めは、重要な会議が続く

毎月初めの最初の会議は、営業会議。
前月の結果報告と今月の行動計画を確認し合う。

今日は、上期決算(10月末日)の翌日。この半年の営業成績を発表し、下期の課題について、みんなで把握する。

次は、幹部会議で営業部門と生産部門とがお互いに中間成果を発表する。テレビ会議システムを使って、東京・青山ショールームのメンバーも加わる。

毎月開催し、PDCAを回しながら、1年間の目標達成に向けての大切な会議となる。

もう20年以上続けているスタイルだが、マンネリにならないような工夫をしながら進めて行かねばなりません。

アメリカの医学事情を聴く〜小児外科医 木村健 氏

49歳で外科医としてアメリカに招かれ、その後永住権を取得しながら日米で活躍された小児外科医 木村健 氏のお話を聴く会に参加。(城崎温泉 西村屋本館にて)

1937年生まれの現在81才。神戸大医学部卒後、兵庫県立こども病院に勤務されている時に、ニューヨークの小児病院よりオファーがあり渡米。アイオワ大学で外科医として、小児外科教授として、任務に当たられる。優れた外科手術の実績と手術法を開発され、世界からの手術依頼に応えて来られる。

アメリカと日本の比較しながら、医学教育(医師養成)のシステム、教授陣の数、大学施設、資金の圧倒的なアメリカ優位の実情にはショックを受ける。

また、クェートなどイスラム教圏の国に招かれ、宗教、習慣の違いを乗り越え、多くの子ども達の命を救ったお話は印象的でした。

約100名の参加者のみなさんと会食。テーマからして、地元で開業されている医師や地元で活動されている女性の会の人たち。普段お会いする機会の少ない方達とお話ができたのも良かった。楽しい会となりました。

景気と事業承継〜日本政策金融公庫の集い

日本政策金融公庫・但馬支部の集いに出席。

二人のゲストを迎えてお話を聴く。

一つ目のテーマは「最近の景気動向と企業の新たな取組み」。
・ 景気判断の言葉
悪化→調整→停滞→減速→下げ止まり→持ち直し→回復→拡大
・ 先行き=海外経済の不確実性、金融緩和の反動
・ 人手不足を背景とした設備投資の増加
・ 自動車の電装化(EV)に伴う電子部品系の需要増

二つ目のテーマは「事業承継の成功・失敗事例」
・ 中小企業数 420万社(2009年) → 380万社(2014年)
・ 社長の平均年齢 = 59歳6ヶ月(2017年)
・ 70歳以上の経営者の割合 20.9%(2017年)
・ 後継者は、男の実子  61.3%
・ 事業承継5つのモデル
株式公開、親族内承継、MBO、M&A、廃業

第2部は懇親会。

どうしても代表幹事はじめ役員だけの挨拶で終始するので、会員企業の経営者の方を若干名ずつ「近況報告」をしていただくことを提案しました。

お顔は知っていても事業内容や最近の地域経済の状況など、お互いに情報交換することはそれぞれの経営において有効だ。

最後の挨拶の役を仰せつかったので、今日のゲストへの謝意を申し上げた。私の場合、昨年社長交代(事業承継)を終えたので、その経験を踏まえて、現在の心境、「会長職」の役目とは何か、試行錯誤していることをお伝えしました。

事業承継スキームを学び知ることは重要だが、事業(企業)の理念、実績、顧客への責任、社会的貢献するために継続できる喜び、将来のロマンを持つことも忘れないようにしたいものだと、自分に言い聞かせながら、締めのご挨拶としました。

Keith Jarrett “The Köln Concert”

Keith Jarrett “The Köln Concert”

1. Köln, January 24, 1975 Part I
2. Köln, January 24, 1975 Part II a
3. Köln, January 24, 1975 Part II b
4. Köln, January 24, 1975 Part II c

Recorded on Jan.24,1975

キース・ジャレットは、全くの即興(インプロビゼーション)によるソロ・ピアノという演奏スタイルで、1970年代ジャズ界に大きなセンセーションを巻き起こした。

その前後にも何枚ものキースによるソロ・ピアノのレコード(CD)がリリースされているが、最も人気なのはこの「ケルン・コンサート」だ。

キースはジャズ・ピアニストとして最も人気のある一人だが、ジャズ特有のフレーズ、ブルージーな演奏というよりも、フォークロア(アメリカ民踊)的なところもあるし、叙情的なメロディーが印象的。

もう何十回聴いたかわからないぐらい聴いているが、秋の静かなひと時には、このケルン・コンサートが聴きたくなる。

この秋は、実際にケルンを訪れたあとなので、あの大聖堂の空間を思い出しながら聴くと格別だ。