こんな広場があれば〜渋谷はるのおがわプレーパーク

ここは代々木公園近くにある公園。
「渋谷はるのおがわプレーパーク」。「はるプレ」と呼んで親しまれている。
「唱歌「春の小川」はこの辺りの小川がモチーフになっていることに因んで公園の名前がついている。

子どもたちが自分たちのアイデアでやってみたいことを自由に遊べる場所。「事故は自分の責任」を基本として地元を中心としたボランティアの人たちが運営している。

地面は土、一本の大きな木を中心に小高い土の山、砂場、木や段ボールで工作できる自由広場。子どもたちは伸び伸びと遊べる。

こんな広場がうちの近くにもあったらいいなあ、とヒントをいただいている。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。