Keith Jarrett “The Köln Concert”

Keith Jarrett “The Köln Concert”

1. Köln, January 24, 1975 Part I
2. Köln, January 24, 1975 Part II a
3. Köln, January 24, 1975 Part II b
4. Köln, January 24, 1975 Part II c

Recorded on Jan.24,1975

キース・ジャレットは、全くの即興(インプロビゼーション)によるソロ・ピアノという演奏スタイルで、1970年代ジャズ界に大きなセンセーションを巻き起こした。

その前後にも何枚ものキースによるソロ・ピアノのレコード(CD)がリリースされているが、最も人気なのはこの「ケルン・コンサート」だ。

キースはジャズ・ピアニストとして最も人気のある一人だが、ジャズ特有のフレーズ、ブルージーな演奏というよりも、フォークロア(アメリカ民踊)的なところもあるし、叙情的なメロディーが印象的。

もう何十回聴いたかわからないぐらい聴いているが、秋の静かなひと時には、このケルン・コンサートが聴きたくなる。

この秋は、実際にケルンを訪れたあとなので、あの大聖堂の空間を思い出しながら聴くと格別だ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。