V字回復の秘訣は?〜鶴巻温泉「陣屋」

今月のゲストは、鶴巻温泉(神奈川県秦野市)、旅館「陣屋」の女将、宮崎知子 代表取締役。「陣屋」には将棋や囲碁のタイトル戦の対局場として有名な「松風」の間がある。

車のエンジニアだったご主人の実家は「陣屋」の経営者。2009年に親から「陣屋」の経営を引き継いだ時に知ったのは、借金10億円。M&Aも含めて、経営再建を図るが、結局、夫ともに4代目女将として自ら経営を引き継ぐ。

その時代を先取りしたIT活用、週休3日など従業員の待遇改善など、旅館同士のネットワークの構築などでV字回復、その経営が注目されている。

経営を数値化し、見える化し、現実を直視し、その問題の本質を掴み、戦略的に一つ一つ具体的な改革、改善をスピーディーに実行する、卓越した経営スタイルにとても刺激を受けました。

具体的には、
・ 料理の見直し(単価をあげる。顧客満足をあげる)
・ 従業員にマルチタスクを要求(様々な仕事を行う。多能化)
・ 週休3日制を導入し、リフレッシュ、能力開発に当てる。
・ IT活用により、顧客動向、経営数字の把握をし、意思決定に利用
・ 旅館同士のネットワーク「陣屋コネクト」を開発

アドバイザーのまとめとして、「3つの力」が重要。

・ 問題の本質を捉える力
・ 解決する力(アイデア)、代替案を考える力
・ 現場を動かす力

ぜひ、鶴巻温泉「陣屋」に行って美味しい食事をいただきながら、宿泊して見たいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。