Brad Mehldau “LIVE IN TOKYO”

Brad Mehldau “LIVE IN TOKYO”

Brad Mehldau   Piano

1. Intro
2. 50 Ways to Leave Your Lover (Paul Simon)
3. My Heart Stood Still (Lorenz Hart, Richard Rodgers)
4. Roses Blue” (Joni Mitchell)
5. Intro II
6. Someone to Watch Over Me (Gershwin, Gershwin)
7. Things Behind the Sun (Drake)
8. C Tune
9. Waltz Tune
10. From This Moment On (Porter)
11. Alfie (Burt Bacharach, Hal David)
12. Monk’s Dream (Monk)
13. Paranoid Android (Greenwood, O’Brien, Yorke)
14. How Long Has This Been Going On? (Gershwin, Gershwin)
15. River Man (Drake)

Recorded on Feb.15, 2003

ブラッド・メルドーの2003年来日公演。
すみだトリフォニーホールにて、ピアノ・ソロ演奏。

 

2012年7月、サントリーホールで聴いたメルドーのコンサートを思い出す。その時は、トリオ演奏だったが、研ぎ澄まされた音とベース、ドラムとの緊迫したインタープレイが印象的だった。

 

このアルバムはピアノ・ソロ。

キース・ジャレットとも、リッチー・バイラークともまた異なる緊張感が漂う。高ぶる感情を抑えたクールな演奏だ。

一番のお気に入り曲は、”50 Ways to Leave Your Lover” (ポール・サイモンの曲)。

“Someone to Watch Over Me”(ガーシュイン作曲)もなかなか。

特に、”Paranoid Android”(Radioheadの曲)は、レディオヘッドの曲がこうなるんだ、と面白い。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。