永遠のジェフ・ベック〜ありがとう、安らかに

Jeff Beck with Stanley Clarke Concert at Budokan on Dec.2 , 1978

「ジェフ・ベック 2023年1月10日 死去 78才 」
なんと言えば良いのか。
いつか来るロックスターの死。
みんないつかは、なんだけど。
だけど、My favorite Rock Guitarist のジェフ・ベックが亡くなるのは、特別寂しい。

ロック界の3大ギタリストと言われるのは、エリック・クラプトン、ジェフ・ベック、ジミー・ページ。それぞれタイプの違う演奏スタイルで最高なんだけど、特にジミー・ページは文句なく私のフェイバリットなのだ。孤高のロッカー。

私の学生時代に来日したジェフ・ベック。ジャズベースのスタンリー・クラークとの武道館公演は、今でも自分の席から見たジェフ・ベックの姿は忘れられない。チケット半券もある。

Out Of Darkness(私も行った武道館コンサート)

1970年代ジェフ・ベックの来日公演は2回行く。
どちらも忘れられないコンサートだ。

・武道館でのコンサート(1978/12/2)。収録したアルバムが “Out Of Darkness”。
後楽園球場での「ワールド・ロック・フェスティバル」(1975/8/7)。内田裕也が音頭をとり、国内外のロックバンドが登場。フェリックス・パッパラルディ(こちらも大好き)も登場。

LIVE AT THE HOLLYWOOD BOWL

最近お気に入りのアルバム “Live at the Hollywood Bowl”。(2016/8)
後半の、いろんなミュージシャンと共演したスタンダード曲の演奏も最高だ。インストラメントで “Over the Rainbow”、”A Day In The Life” もなかなか楽しませてくれる。

忘れられないアルバム。
ジェフ・ベックは、私の中で永遠です。
安らかに眠ってください。

“永遠のジェフ・ベック〜ありがとう、安らかに” への1件の返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。