6年8ヶ月の通院〜台湾で遭遇した交通事故

公立豊岡病院を卒業する。

2016年3月11日、台北(台湾)で九死に一生を得る大事故に遭う。日課の早朝のウォーキング中、横断歩道を青信号で渡っている時に、左折してきた自動車にはねられる。救急車で運ばれ、3日間集中治療室(ICU)に入り、そのまま台北の病院に入院。3週間後に医師の判断で飛行機に乗る許可を得て帰国。そのまま、豊岡病院へ。

頭部内出血と左頬の骨折の診断。即、手術。(それまでほとんど病院にはお世話にならずに人生を送ってきた私にとって、初めての手術と入院)その後、1年間は頭痛と闘いながら自宅と豊岡病院の往復の日々。2年目からは、体力を回復させるために少しずつウォーキングを再開(時間は、早朝ではなく夕方に変更。コースも車の通らない堤防の道、植村直己冒険館公園の周回コースなど)。豊岡病院には、頭部のMRI検査(半年に1回、2021年9月まで)、そして左頬骨折の手術のために切開した左目下瞼(まぶた)の回復が遅々として進まないので、検査と簡単な処置を兼ねて毎月通院。やっとほぼ完治した(気にならなくなった)ので、本日をもって通院完了となる。無事、卒業しました。

入院していたのは病室は最上階の病室(最上階の画像右端の部屋)。窓のすぐ下にはドクターヘリの発着場所が見渡せ、豊岡市街地が一望できる部屋。苦しい体験だったが、今、こうしてみると懐かしい気持ちも湧いてくる。

一方的な相手の過失で被った事故だが、相手を恨むとか、自分の行動に後悔するという気持ちはなく、どこか冷静に起きている(しまった)ことを受け止めている自分がいることに気づき、不思議な感覚を味わったのを思い出す。

普段の話したり聞いたりする会話や音楽を聴いたりすることに支障はないが、左の聴力が下がった(左頭部の打撲のため)ことを除き、事故の後遺症はないのは幸い。

返って、生活のペースを見直し、健康について考え、これまでを振り返り、これからを考える人生の良き節目となったと感じながら、通院を終える。

改めて、こうして生きていることに感謝です。

これまでにアップした関連のブログ記事
『人生で起こることすべて良きこと』 田坂広志・著
3年前の交通事故現場〜台北市内
台湾へ〜喜びの再会

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。