「豊岡演劇祭2022」前半の観劇記録

芸術文化観光専門職大学

9月15日始まった「豊岡演劇祭2022」もあっという間に半分が済んでしまった。1日に1〜2公演を観ながら毎日を楽しんでいる。(学生時代から演劇には大変興味がある私にとって、この豊岡でこんなに演劇が楽しめるなんて、未だに信じられない)

一つひとつの公演の感想を書くのは至難のワザ。
『岩下徹×梅津和時即興セッション』『お父さんのバックドロップ』は既アップ。
それ以外の公演を記す。

『降りくるもののなかで ー とばり』 山海塾 (豊岡市民会館)

『新・豊岡かよっ!』 Platz市民演劇プロジェクト(豊岡市民プラザ)

『思い出せない夢のいくつか』 カミーユ・パンザ/エルザッツ(城崎国際アートセンター)

『ぼんやりブルース 2022』 ヌトミック (CAT静思堂シアター)

『よるよむきのさき』 お食事×文学×リーディング (西村屋ホテル招月庭)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。