演劇祭ナイトマーケット(江原)

演劇祭のもう一つの楽しみは夜の屋台。最初の週末は江原駅前広場で開催される。本来(コロナ以前)なら、この一帯にテーブルとイスを並べて、観劇後、今観た芝居の感想を語り合ったり、演劇ファン同士が熱く語りあう広場となる。残念ながら、コロナ対策として、テーブル・イスは設置できず、屋台のフードはテイクアウト。

飲み食いだけではない。広場の脇では、次から次へと大道芸が披露される。子どもたちは最前列に座り込み、拍手しながら楽しんでいる。こんな光景は、この演劇祭がなかったらあり得ない。小さい時から、芝居を観たり、大道芸を楽しんだり、きっとこの子たちの故郷の記憶として残るだろう。

回を重ねるごとに、もっと多くの芸人がやって来る、海外からもやってくる、そんなことを思い浮かべてしまう。

演劇祭はまだ始まったばかりだ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。