Keith Jarrett “Death And The Flower”

Keith Jarret : p, ss, wooden fl
Dewey Redman : ts, perc
Charlie Haden : b
Paul Motian : ds
Guilherme Franco : perc

1. Death and the Flower
2. Prayer
3. Great Bird

Recorded in October 1974

学生時代には時々聴いたアルバム。ジャズを聴き始めた頃で、1950〜60年代の4ビートのジャズ、その後のマイルスやビル・エバンスと言ったメインストリームが中心だった。キース・ジャレットも前後して「ソロ・コンサート」シリーズで演奏活動をし、一世風靡の時代だった。ただ、この「Death And The Flowe」(邦名:生と死の幻想)は、私の中で異質なものを感じていた。何故かわからないけど、どうもしっくりとこない。

先週、久しぶりに聴いてみるとシックリくる。この1週間、毎日聴いている。時代が変わり、ジャズも変わり、自分も年齢を重ねる。音楽も違って聴こえてくる。
2005年の私のブログにも書いている。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。