シュウカイドウ〜ひっそり秋が

シュウカイドウ(シュウカイドウ科)
秋海棠は、すでにその名で秋を感じさせる。中国最初の花の辞典である『秘伝花鏡』(1688年)は「秋色中第一となす」とたたえる。バラ科の花木カイドウと対比されるが、ゆかりはない。ベゴニアの類で雌雄異花。雄花は大きい二枚の萼片と小さい二枚の花弁を持ち、雌花は花弁を欠く。
『花おりおり』 湯浅浩史・著

4年前に自宅の隅っこに植えたシュウカイドウ。

建物に囲まれた小さいスペースだが、適度な陽光が差し込み、なかなか気持ちいい空間になっている。

私は「シュウカイドウ」という名前がなかなか覚えられなかったが、「花おりおり」の解説を読んでこれで忘れることはなさそう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。