利賀村(その2)〜演劇の舞台・建築・施設

円形劇場

『世界の果てからこんにちは』の舞台になった「円形劇場」。

設計は建築家・磯崎新氏。

ギリシャ悲劇が演じられたギリシャの円形劇場がモチーフになっているのだろう。観客席から見た舞台の後ろには池。池の向こうには、向こう側の山が背景となっている。ちゃんと利賀村なのである。

新利賀山房

こちらは「新利賀山房」。
こちらも磯崎新氏の設計による。

この会場で行われるイベントの開始を待つ観客。
山に囲まれ、利賀村の茅葺き屋根に合わせた外観は、まるで村の祭りを見物に来た人たちにようだ。

総合案内所。開演を待つ平田オリザ氏、中貝豊岡市長夫妻と妻。

利賀芸術公園の中央にある「総合案内所」。
SCOTのオフィス、休憩所、トイレなどが集中して設置してある。

戸建になっている宿泊施設

ユニークなデザインの宿泊施設。1階部分は駐車場にも、テーブル、ベンチを置いてミーティングもできそう。ドアから中に入って2階に一部屋がある。

ゲストハウス

演劇祭のシーズンには、世界から多くのアーティストや演劇関係者やファンがやってくる。舞台ばかりでなく、長期滞在型の宿泊施設は必須。

地元行政や経済界からの支援の積み重ねか。インフラの整備は一朝一夕でできるのものではない。40年の歳月の重みを感じる。

鈴木忠志トーク(新利賀山房のステージ)

チラシには「毎夏恒例、鈴木忠志が観客の皆さんのどんな質問にも答えます」とある。

出だしから、「はい、質問は?」で始まるのでびっくり。

満員の会場のアチコチから手が上がる。鈴木さんがアトランダムに指を差して質問者を決め、その問いに答える。

「女優の声の低いのはなぜ?」「異なった言語(中国語、マレーシア語、日本語など)で演じる芝居の意図は?」「後継者は?」など具体的でストレートな質問が立て続けにでる。

全ての質問に真摯に答える鈴木氏。
具体的な質問ではあるが、その背景、その奥に潜む本質を語る鈴木氏。

結果として、鈴木忠志の演劇論、日本論、世界観そのものが浮き上がる。

利賀村(その1)〜多くの出会いに感謝する夜

豊岡を出発して、富山県南砺市利賀村に到着したのは翌日の午後。
チェックインして宿泊する「天竺温泉の郷」の部屋から見た夕焼け。

『世界の果てからこんにちは』のシーン。
円形劇場に花火があがる。

右側には、YKK(株)の吉田忠裕氏、その向こうに平田オリザ氏。

超満員の円形劇場。
事前の予約が必要だが、ともかくやって来た熱烈ファンのために数十名の人たちが立見で見学。

手前から田中幹夫氏(南砺市市長)、邑上守正氏(前武蔵野市市長)、村椿 晃氏(魚津市市長)

まだかまだかと開演を待つ観客。

南砺市市長の田中氏は利賀村出身。
鈴木忠志率いる早稲田小劇場が引っ越して来た時は中学生だったそうだ。

『世界の果てからこんにちは』の終演後は、観客全員に樽酒が振る舞われる。

鈴木忠志さん、YKK(株)吉田忠裕氏、1970年代に東京で観た早稲田小劇場時代からの役者蔦森皓祐氏との夢のようなツーショット。

観劇やパーティでご一緒させていただいたYKK(株)取締役の吉田忠裕氏。YKK(株)の2代目社長として世界70ヶ国に進出する大社長。

今年3月に経営の第一戦はバトンタッチされ、現在は富山県の地域振興に力を注いでいらっしゃる。

来年、利賀村と宇奈月温泉を舞台に開催される「シアター・オリンピック2019」の実行委員会の会長。

吉田氏のお考え、実行力、そしてそのお人柄に大きな感銘を受ける。
経営者として、そして人生の先輩として「人間力」の大切さを学び、これからの私の行動に大きな刺激を受けました。

夜公演のあとは、劇団SCOTの関係者、役者さんなどとの交流会。

鈴木忠志さんとの再会、早稲田小劇場で観た芝居との再会、利賀村を支援する地元市長さんたち、平田オリザさんや演劇人の人たちとの会話。

嬉しさと感動の長い1日がやっと終わろうとしている。

『ディオニュソス』と『トロイアの女』〜鈴木忠志の構成・演出

『ディオニュソス』
構成・演出:鈴木忠志
原作:エウリピデス

開場と同時にトップで会場へ。すると鈴木さんご自身が「この席がいいよ。こっち、こっち」と手招きいただく。

天にも昇る思いだ。(笑)

1978年、東京・岩波ホールで観た『バッコスの信女』が、その後題名を『ディオニュソス』として演じられている。

真っ暗な舞台に一筋の光があたる。
開演前、すでに劇は始まっている『トロイアの女』。

こちらも1970年代に東京で観劇した演目。岩波ホール演劇公演の第1回目として演じられた。エウリピデス作のギリシャ悲劇。

スズキ・メソッドで訓練された俳優が演じる舞台は独特。

現代生活のなかで退化してしまった身体感覚を意識化し、演技に活かそうと言うスズキ・メソッド。農耕民族である日本人の所作、特に下半身の動きに注目。

鈴木忠志の演劇を解説するのは難しい。ギリシャ悲劇の神話の世界と現代の日本の世相、心情とが交錯しながら芝居は進む。

※ 鈴木忠志の舞台を言葉で説明するのは、今の私にはまだまだだ。

42年ぶりの利賀村へ〜劇団SCOT

ここは富山県南砺市の渓谷。
あと10kmで利賀村に到着する。
劇団SCOTのサマーシーズン公演の観劇である。

1976年、鈴木忠志率いる早稲田小劇場が突然、利賀村に拠点を移す。その第1回公演にこの利賀村に来て以来、42年ぶり。

その後、SCOT(Suzuki Company of Toga)として利賀村にて演劇活動を行なってきた。

4月に鈴木忠志さんが「舞台芸術財団演劇人会議」(豊岡市KIAC)に来られた時に、「利賀村においで」とお誘いを受けたのがきっかけ。それでなくても、行きたい、行きたいと思っていましたが。

会場は巡回バスが走っている

会場は、利賀山房、野外劇場、岩舞台、利賀大山房など、芸術公園として歩いて巡回もできるし、巡回バスに乗って移動もできる。

鈴木忠志(早稲田小劇場)が引っ越してきた当時は、村の人口は1500人だったそうだが、今は500人。加速しながら過疎が進んでいる。

「みんな東京へと向かうのに、東京から誰が何のために来たのか」と当所、村民の人たちは訝しんだそうだ。(そりゃあ、そうだな)

利賀村の「体育館」は「利賀大山房」となり、ここでも公演される。

もともとある村の施設を使用し、芝居もできる空間に舞台や客席が設えてある。

「利賀大山房」から百瀬川を渡った所にある「グルメ館」。

グルメ館の中は、麺類、カレー、パン類、中華、デザートなどどれも丁寧に調理された美味しい食事ができる。

特に、中華は北京郊外の「古北」から料理人が来て、本場の北京ダックや餃子、炒飯など舌鼓を打つ料理がズラリ。

夜は、野外劇場で『世界の果てからこんにちは』

まさに「夢を見てるのか」と思うほど、幻想的シーンが続く。

1991年から、毎年演じられる人気の演目。照明器具会社の社長の友人である江戸時代から続く「花火師」の一言からこの芝居ができたそうだ。

「ここで花火を使った演劇が考えられませんか」

花火の上がる芝居が観られるのは世界でここだけだろう。
野外、劇場のある環境、住民の理解、消防法などの様々な規制をクリアしないと実現しない。

「日本人の特質は何か」を問題定義する意図で鈴木忠志の作・演出。

コラージュの手法で、第二次世界大戦の敗戦、戦後の復興での日本人の精神性を表現する。

戦後の一つ一つの記憶を切り取り、非日常的世界を創出する。
慣れてしまった日常への疑問、別の視点を目覚めさせる。

私がかつて観た「早稲田小劇場」は、まさにここに生きていた。

ひょんなことから念願かなう叶う〜京都・祇園/割烹『「大神』

厚い雲に覆われる京都四条鴨川。

午後出発で富山県へ向かう予定が、北陸地方の大雨の影響で、全ての特急サンダーバードが運休。すでに山陰線で京都へ向かっていたので、急遽、京都で一泊することに。

そうなると、パッと頭を切り替えて、ホテルと今夜の食事の予約。どちらも思ったところにバッチリ予約完了。

食事は、過去何度も満席で行ったことがなかった祇園・割烹「大神」。京都の知人おススメの店。

日本料理。食材は季節の物が中心になるのは当然だが、その組み合わせが絶妙。「ちょっと季節が遅くましたが、鮎を」と出てきたのがこれ。鮎の内臓の苦味をうまく仕込む。

お料理の盛り付けも素晴らしい。

料理に合わせてどの器も凝っている。

釣りが大好き。昔は猟もしたというマスター。料理の腕とセンスが抜群で独創的。

最後に、土鍋ご飯。中身はたくさんの食材のなかからお客のリクエスとに応えてくれる。こちらは4人にいるので、特別に、レンコンと小エビの2種類で炊いてくれた。

あっという間の3時間半。
本当なら金沢・富山へいるはずの夜。
天候のせいで、京都での思わぬご馳走となる。

京都/祇園 割烹
『大神』
京都市東山区末吉町88
電話: 075-533-1611

少し秋を感じる早朝

最近は、朝5時半ごろには起きる。

目覚めの朝は、この風景から。

季節を直に感じる。

庭のナツハゼの葉が色づき始めた。

朝の冷んやりとした空気が気持ちいい。

『山はどうしてできるのか』〜藤岡換太郎・著

日本を代表する山、富士山についてなら流石に、「火山」や「マグマ」というキーワードを用いて成り立ちを説明できる人は少なくないでしょう。しかし、山は火山だけではありません。日本にはたくさんある火山も、広く世界を見ればさまざまに分けられる山の種類の一つにすぎません。そして日本にも、火山でない山はたくさんあります。
こう言うと、山にはほかにどんな種類があるのか?それはどうやってできたのか?なぜ日本にはこんなに火山が多いのか?なぜ山が多い地域とほとんどない地域があるのか?など、いくつもの疑問が浮かび上がってくるのではないでしょうか。
『山はどうしてできるのか』 藤岡換太郎・著

日本列島誕生物語から山陰海岸ジオパークの関心を持って以来、藤岡換太郎氏の著作を読むことが多い。

『三つの石で地球がわかる』『海はどうしてできたのか』に続き、今回は「山」。

「山をみるための4つの視点」が面白い。

・ 空間的視点と時間的視点〜さまざまな角度。遠近。100万年単位の時間軸。
・ 地上からの視点〜景観として(渓谷、川、滝、森林、花畑、湖、湿地、温泉など)
・ 海からの視点〜海底から見ると凹凸は極めて大きい
・ 宇宙からの視点〜半径6380kmの地球から見れば、山の見え方は大きく変わる。

目の前の山の見え方がみるみる変わってくる。

ボトムアップの経営〜手頃な値段で本物の味を

リッツ・カールトン大阪で開催される経営者倶楽部。

約20〜30人の経営者が集まり、各業界で活躍中の経営者をゲストに招く。
アドバイザーからの本日のキーポイント説明があり、ゲストが登場。
アドバイザーからゲストへの質問形式で「経営の真髄」へと迫り、後半に全体での質疑応答と言う形式でセッションが続く。

休憩を挟んで、第2部は4〜5名ずつ各テーブルに別れて、より密着して意見交換ができるのが魅力である。

久志本京子 代表取締役社長

今月のゲストは、(株)RDCホールディングスの代表取締役 久志本京子氏。

急逝された実兄のあとを継ぎ、社長として7年間、さらなる成長を続ける「ボトムアップの経営」の極意を語っていただく。

約6000億円と言われる回転寿司業界。トップ3(1位スシロー、2位くら寿司、3位かっぱ寿司)で75%を占める激戦ビジネス。

(株)RDCは「がってん寿司」で創業。
グループ会社には、とんかつ、韓国料理、イタリアンなどのレストランあり。

経営理念
「Good Person, Good Company, Good Future」
3つの約束
・ Reasonable  (手の届く贅沢の追求)
・ Delicious    (食のパイオニアであり続ける)
・ For Customers(日本の食文化を世界に広める)

久志本社長の『手頃な値段で、本物の味が楽しめる』を目指すブレない経営姿勢。主婦から経理責任者、そして経営者というキャリアを歩んで来られたが、その間に培われた「経営センス」が素晴らしい。

「顧客目線」と言う言葉を何度も口にされる久志本社長。

社員の夢、希望、意見を汲み取りながら行なう「ボトムアップ経営」。
「やるか、やらないか」の決断を迫られる新規事業などの案件。
社員の夢への決断(情)の裏には、指標となる「経営数字の達成」(合理)という判断、行動、分析、新たな指示、と言うデータの徹底活用がある。

経営幹部との理念、現状認識、ビジョンの共有のやり方、などとても参考になったセッションでした。

U2 〜”SONGS OF EXPERIENCE”

U2 ”SONGS OF EXPERIENCE”

1. Love Is All We Have Left
2. Lights of Home
3. You’re The Best Thing About Me
4. Get Out of Your Own Way
5. American Soul
6. Summer of Love
7. Red Flag Day
8. The Showman (Little More Better)
9. The Little Things That Give You Away
10. Landlady
11. The Blackout
12. Love Is Bigger Than Anything in Its Way
13. (There is a Light)

Released in 2017

まず、ジャケット。
ボノの息子とエッジの娘。

前作”SONGS OF INNOCENCE” のジャケット同様、モノクロ写真。
前作「無垢」と今作「経験」。
何か重い意味が隠されているようだ。

ボノの妻に捧げた “Landlady”
子どもたちに捧げた “Love Is Bigger Than Anything in Its Way”
聴きどころ満載。

前作同様、U2の原点帰りと言ってもいい意欲的な作品である。
帰ってきたU2。

忘れられないU2来日公演。

1989年12月1日の大阪城ホール。
私の英会話教師、アメリカ人ボブと彼のフィリピン人の彼女と一緒に4人でU2コンサートに行った時のこと。

その日、フィリピンでは、国軍改革運動と旧マルコス派が連携してアキノ政権に対して反乱を起こしたクーデター未遂事件。
コンサート会場で開演を待つ行列の中。
母国のことを心配する彼女の顔が忘れられない。

そんなエピソードと共に、U2は私の中に存在している。

ボノの叫びとエッジのギター。
今、世界で何が起きているのか?と、いつも問いかけてくる。

最強の4デバイス 〜 2週間かけてApple再構築

空っぽのiTunes。

いつかやらねば。

と、思っていたApple IDを一つに統合するプロジェクトが完成。
8/10に始めて約2週間。 Apple Care Center とのやりとりを6回行なって、やっと今日で終了。

私にとって悩みのタネとなっていた、mac.comとme.comの2つのApple IDが混在。有料アプリの請求管理やアップデートの際のパスワードに煩わされていました。iCloudへの移行が進む中、いろんな制約を感じていました。

特に、ミュージックは命。(笑)

プロに相談しないと解決しない iCloudとiTunesのアカウントの整理統合。延べ20時間以上、電話で対応してくださったSpecialistのH氏には、頭が下がるほど親身になって対応していただきました。

このあたりもAppleの凄さを見せ付けられた思いです。

iMacに見えるのは、以前のIDのMusicをスクリーンショットで記録。

最強の4デバイス。

iMacMacBookiPad mini、そしてこの写真を撮ってるiPhone Ⅹ
(ああ、見渡す限りAppleになってしまった!)

今回のアカウントの統合に当たって、これまで収集してきた音楽のほとんどをボツにしましたが、かなりの部分は Apple Music と手持ちのCDで再現できる。これから、さらに自分の好み(方針)の曲を一から集めていくのが楽しみです。

思考ツール、記録保存、音楽や画像の取得と整理と再生は、ホント、これからの最大の楽しみにして行こう。