最強コンポスター〜我が家の「いい土づくり作戦」

これなんだか分かりますでしょうか?

庭に作った「雑草・落ち葉用コンポスター」と呼べば良いんでしょうか。
春夏の抜き取った雑草、秋冬の掃き集めた落ち葉を捨てる場所。
たたみ、一畳サイズの穴を掘り、枠で囲ったもの。

向こうの建物の手前にも。この2カ所で昨年秋の落ち葉全てを処理、その上に土を被せて冬を越す。隣の広場造成のため掻き出したあと。落ち葉はまだ姿は残すものの、良き堆肥となるべく発酵が始まっている。

甕をひっくり返して地面にあるのは、食べ物(残飯)のコンポスター。昨年4月に設置し、それ以降、野菜、魚の骨、エビカニの殻、お肉(さすがに少ないが)など全て、外部のゴミ収集に出さずに全部ココに。こちらは、完璧にどんどん土と化していく。気持ちいいのだ。

現在4つ設置し、ローテーションで掘り込みながら、いっぱいになってから2〜3ヶ月経つと、もはや残飯の姿は無く、肥沃な土となる。これを隣の畑の土へと混ぜていく。

昨年から始めた我が家の「いい土づくり作戦」。

“最強コンポスター〜我が家の「いい土づくり作戦」” への1件の返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。