豊岡けんちく学校(2日目)

第3講は「瓦ぶき」。
指導するのは瓦職人の北倉和典さん。北倉さんは若い頃当社で営業担当として一緒に仕事をしたことがあり、久しぶりの再会となる。なかなか職人が板に付いた風貌で頼もしい。

子どもたちに屋根のこと、瓦について上手に話が進む。これから屋根にふく瓦の裏側に子どもたちの夢、想いを書く。なかなか気の利いた演出だ。

一斉に屋根に上り瓦をふいていく。ふき終えて職人さんと一緒の写真。みんなの表情から達成感が伝わってきます。

第4講は「左官体験」。
さあ、いよいよ最終工程の左官仕事、壁に土を塗る。そのためにはまず、土を塗りつけるための竹木舞(たけこまい)を編む。これが簡単なようでなかなか難しい。最初は左官屋さんの先導で麻ひもを絡めていく。慣れてくるとだんだんとペースが上がる。

建築中の家で竹木舞を見つけると、いつもその美しさに見惚れてしまいます。自然の木・竹・土を使った日本建築の美しさ、自然と共存するようなそんな豊かな気持ちになります。

最初は竹木舞に土を投げつけるように手で擦り付ける。土との葛藤が始まる。子どもたちはみんな泥んこ遊びしている感じかな。

左官屋さんの鏝(こて)を借りて、見よう見まねで鏝を使いこなしていく。覚えが早い、なかなか良いセンス。交代ごうたいで土を塗り、あっという間に土壁が完成する。

「完成、はいチーズ!」で全工程が終了。

参加した子どもたちは工程が進むにつれて、本気度が増してきたように感じる。その顔つきを見ているとよくわかる。

「家をつくる」「自然のものに触れる」「技を知り学ぶ」。このけんちく学校の目的である「五感で感じる木の魅力と日本の伝統工法」が達成できた2日間でした。

定員15名で参加者は9名でしたが、進行的にはちょうど良い人数でした。しかし、もっともっとたくさんの子どもたちに、木や土の魅力や職人技を知ってもらいたい、との思いもより強くなりました。

参加者の親へのアンケートでも、
「次回も参加したい、継続して欲しい」「参加前は参加費1万円は高いと思ったが、終わってみて納得」「1日目だけの予定だったが、他の予定をキャンセルして2日目も来ました」「日本の伝統的文化体験会があるのが良い」などなど。

子どもたちの目を輝かせ、取り組んでいる姿に感動。
ぜひ、継続できるように、最大限のサポートをしていこうと思う。

豊岡けんちく学校(1日目)

先日、お知らせしました『豊岡みんなのけんちく学校』がいよいよスタート。

「里やま工房」(豊岡市佐野314-2)。
社屋前の広場には、何やら足場を組んでブルーシートが覆っている。
小学校3年生〜中学生を対象に行われうけんちくワークショップ。

第1講は「設計」(製図体験)。
まずは、朝日から夕日までの太陽の動きと東西南北の関係は?から始まり、家の各部屋の日当たりはどうかと、家の間取りへとつながっていく。家族には老人、大人、子ども、赤ちゃん、ペットも、様々な年代がいますね、とそれぞれどの部屋が良いのか、キッチンは、ベッドルームはなど。後半は「自分の家」の間取りを子どもたちが書いてみる。

午後の第2講は「大工」(組み立て体験)。
プレカットしてある柱や梁を組み立てる。プロの大工さんの指導の下で実際に足場に上がって木槌を振り下ろす。

野地板を貼る作業は、みんな屋根の上に登って釘を打ち付ける。
みんな黙って夢中になっている。こんなことしたことないので面白いんだろうね。

やったね、おみごと!
御幣を掲げて
えいえいおー!

本物の「木」に触れる。
本物の「手」に触れる。
職人のわざを楽しむ
けんちくを体験する。

間違いなく、
子どもたちは本物に触れるとても良い1日となりました。

大白川(新潟県魚沼市)のブナを育てる

2階ガーデンの隅っこで、ブナの苗が無事に成長している。
2021年11月に新潟県魚沼市大白川のブナ林を視察した時にいただいたブナの苗。

その時に案内していただいたのは、スノービーチ・プロジェクトの世話をされている新潟大学名誉教授の紙谷智彦先生。この大白川地区のブナ林を再生して、山間地域の林業を、集落を活性化し、森を守ろうという取り組みをされている。

大白川のブナを使った木製品として、我が社のハンガーに使えないかとのオファーをいただいたのがきっかけでブナ林の訪問となりました。(仲介者は木和堂)神谷先生にお願いして、視察したブナ林の苗をいただいて帰り、庭に植えたものです。

このご縁を大切にし、大白川のブナ林の再生を願い成長を見守っています。

兵庫県産業振興功労賞

令和6年度兵庫県功労者として表彰していただきました。

防災、消防、自治、福祉、学術教育、文化、農林水産、など22部門の中の「産業振興」部門で表彰いただきました。今年度の表彰者は全部門で211名。そのうち「産業振興」部門は26名。

商工会議所、商工会、組合などの功労に対する受賞者が多い中で、企業経営を対象に表彰いただけたのはより嬉しく思います。
と同時に、これからも会社経営をしっかりと次世代にバトンタッチしていかねばならないと肝に銘じる。

表彰式は5月31日に兵庫県公館で行われました。
普段、あまり県政(県庁)とも関わりのないので、この近辺を訪れるのは初めて。
この兵庫県公館は、明治35年(1902年)に兵庫県本庁舎として建設される。会議室など各部屋も威厳があり、広いのがとても印象的。

貴重な体験でした。

ハナショウブ〜前からあったっけ

ハナショウブ(アヤメ科)
世界でも数少ない水湿地の栽培花。原種は湿原のノハナショウブ。この性質を引き継いだ。平安時代までは文学にも現れない。生け花の最古書、室町中期の『仙伝抄』が初出だが、江戸後期に至り一気に品種は増え江戸・伊勢・肥後の三系に分化した。現在品種数は千余。
『花おりおり』 湯浅浩史・著

カキツバタはこれまでブログで何回か紹介したけど、これは迂闊にもこれまで紹介していないかも。
迂闊(うかつ)と書いたのは、同じこの池の向こう側にはカキツバタが群生。(花が終わり増えすぎた株を間引き済み)こちら側に咲いたのは初めての気がする。

初めて気づく。
植えた記憶がないけど、どうなんだろう。
そもそもこの植物の同定はハナショウブでいいのかな。

なんとも落ち着かない。

花壇づくり〜植木も人も企画も素晴らしい

江原駅西口の食品スーパー・ガンピーの空き地に素敵な花壇ができました。
仕掛け人は、ご近所のガーデニング好きの北井進さん。
北井さんのボランティア活動には頭が下がります。

80歳になられた今も、野球やって現役スキー・インストラクターのスポーツマン。
東日本大震災が発生後、被災地に木製プランターの寄せ植えを送り続ける。
かつてイチロー全盛期に「イチローを但馬に呼ぼう」と、少年たちに夢をの活動。

若々しい北井進さんとCAT学生たち

そして今回の北井さんの企画は、

「芸術文化観光専門職大学&高齢者大学みてやま学園ガーデニングクラブ」
のコラボで植栽体験

と記されている。この組合せっていいですよね!

地元に花を植えよう、憩いの場を作ろう、一緒に汗かこう。
小さな小さな共同作業だけど、なんか将来が楽しくなってくる気がする。

孫Kも参加してオブジェをセット。学生たちはネームプレートを手作りしている。

ヤマボウシの下に寄せ植えが完成。
この道を通るのが楽しみになってくる。

学校茶道研修会〜裏千家淡交会

茶道裏千家淡交会 近畿第一学校茶道連絡協議会の研修会に出席。
会場は西村屋ホテル招月庭(豊岡市城崎町)

近畿第一地区とは、滋賀県、奈良県、京都府、兵庫県北部(但馬)で活動する裏千家淡交会の地区。各地区の学校で生徒に茶道を指導している先生方が集まる会。

お点前は、香住高校の生徒、後見は村岡高校の男子生徒。
10代の若者がお茶を熱心に学んでいる姿を想像する。
頼もしく格好いいなあ、と感じる。

講演は大乗寺(兵庫県香美町香住)の山岨眞應服住職にお願いをしました。
題して「大乗寺と円山応挙」。

今年の2月に大徳寺聚光院のご住職様と関係の皆さまをご案内させていただいた時の山岨副住職のお話が忘れられない。
美に対する鋭い洞察と、ユーモアたっぷりの解説にすっかり魅了された経験があるので、今日の講演もとても楽しみにしていました。
やはり、大乗寺の実際の現場で襖絵を見ながらではないので、お話の内容が実感で気ないのが残念ですが、私自身は、しっかりと復習させていただきました。

大乗寺行かれたことのある人も多いでしょうが、ぜひ、山岨副住職のご案内は必聴ものです。CATの学生たちを連れて行く企画を組んでみたいと思っています。

小さなお洋服屋さん〜シェアハウス江原101

「誰もが気軽に立ち寄れて、いろんな人と出会えるイベント」を芸術文化観光専門職大学の学生たちが企画。大勢のお客様をお迎えしました。

演劇やパフォーマンスではなく、洋服に関するイベントは新たな試み。
様々な用途に使えるスタジオにしようというコンセプトで出現した空間が、見事に人と洋服の出会いの場へと変容した。なんかこの抜けた感じが良い。

地元の洋服屋さんからデッドストックの洋服を出展していただいたり、古着の洋服を持ち寄ったり、集まった洋服は様々。

小さなお子様連れの若いご夫婦や、今回はレディス中心だったので、イベントを知った若い女性や近所の方がひっきりなしに来店いただいたと聞きました。

演劇やパフォーマンスとは異なった企画なので集まってくる人々も普段と違ってリラックスムードが漂う。とてもいい感じの洋服屋さんとなりました。