路線バス利用してますか?〜十勝バス(株)の再生物語

十勝バス(株)野村文吾 代表取締役社長

「皆さん、路線バス利用していますか?」の質問で始まった今月の経営者倶楽部。ゲストは、十勝バス(株)の野村文吾社長。

考えてみますと、路線バスには不安が多い。
・ 系統図が分かりづらい。(自分の目的地にはどのバスに乗ればいいの?)
・ 乗り方がわからない。(前ドア?後ろドア?料金はいくら?いつ払う?)
・ 待ってても来ない。(平日・休日ダイヤ、定時に来ない、本当に来るの?)
・ 降車の合図はどうするの(通過してしまわないかドキドキ)

皆さん、どうでしょう?

北海道帯広市の十勝バス(株)。40年間毎年客数が減り、いよいよ倒産の危機。そこで立ち上がったのが野村文吾社長(4代目)。大手企業を退職、十勝バスに入社するが、社内ムードは最悪。戸惑いの中、「社員を愛する」ことから始める。ハチャメチャ(失礼!)な展開から、見事、十勝バスの再生に成功。

『黄色いバスの奇跡』(吉田理宏・著)

奇跡の物語は、こちら↑の書籍を。

サインには「心」の文字が

地方のバス会社の8割は実質的には赤字経営。(行政の補助で決算は黒字だが)
その中で、十勝バスの復活は奇跡と話題になる。

地方公共交通の再生のポイント
・ 不安の解消
・ 目的地提案(移動は手段)
・ 見える化(地図、路線、運行など)
・ ITの活用(目的別路線、情報アプリの開発)

公共交通手段が無くなる地域は廃墟となる、とも。
但馬地方の公共交通を真剣に考えないといけない。

海外進出は「何で勝負するのか?」が大切

中小企業基盤整備機構 鈴木修氏。

日本政策金融公庫(神戸支店)の但馬の集い。
ASEANのマーケット状況の最新情報の講演を聴きました。

【ASEAN基礎データ】(日本との比較数字でイメージが掴める)
・ 加盟国(10ヶ国)
・ 面積449万km2        (日本の約12倍)
・ GDP 2兆5547億米ドル     (日本の約半分)
・ 一人当りGDP4000米ドル    (日本の1/10)
・ 貿易(輸出入)2兆2555億米ドル(日本の1.8倍)

様々なデータと合わせて「海外展開の心得」的な指摘がとても参考になりました。

【何で勝負するのか?】という問いかけに3つの項目と日本でのポジション

− 製品で勝負
・国内シェアはトップグループ ・圧倒的な優位性

− サービスで勝負
・日系ならではのきめ細かなサービス ・ローカルでは前例のないサービス

− 製造ノウハウで勝負
・日系ならではの品質管理  ・コスト削減のノウハウ

2部の懇親会では、挨拶と乾杯のお役目を頂戴。

ちょうど、米朝首脳会談の翌日でもあり、今日のテーマがASEANでもあったので、日本は地政学的(geopolitical)対応が重要、インターネットを活用したグローバル展開の可能性もあるのでは、などのお話を簡単に交えて、音頭をとらせていただきました。

Joe Zawinul “CONCERTO RETITLED”

Joe Zawinul “CONCERTO RETITLED”

1. From Vienna With Love
2. My One And Only Love
3. Riverbed
4. Concerto Retitled
5. Del Sasser
6. Sharon’s Waltz
7. His Last Journey
8. In A Silent Way

Released in 1976

1曲目 ” From Vienna With Love” で始まる。

第5回「おんぷの祭典」は先週で終わる。今年もウィーンからやって来て素敵な演奏を聴かせてくれた携えてやって来てくれた二人。
ヴァイオリンのルードヴィッヒ・ミュラーさんとチェロのマイケル・ウィリアムズさんに感謝を込めながら聴く。

ウェザー・リポート(Weather Report)のリーダー格のジョー・ザヴィヌルは、ウィーン生まれ。ジョーのファンタスティックなピアノとキーボードを聴くにはベストなアルバムだ。

ウェザー・リポート来日公演の生演奏を思い出す。ベースのジャコと共に、ジョーのキーボード演奏は私にとっては永遠の宝物。残念ながら2007年に75歳で亡くなる。

参加メンバーには、
Miroslav Vitous , Jack DeJohnette ,Herbie Hancock
Pepper Adams,Joe Henderson , Blue Mitchell
の名前もクレジットされている。

ムラサキカタバミ〜スキマに咲く

ムラサキカタバミ(カタバミ科)
最初は明治時代に鑑賞植物として導入された。それが逸出して、帰化。地下に小指の先ほどの球根があり、花の咲く頃から周りに小さい子球が多数できて、耕すと分散し、広がる。柳沢新一氏によると、花は夜間閉じて下を向くが、五時頃から頭をあげ始め、十時に全開、十五時に下向き、夕方閉花。
『花おりおり その四』 湯浅浩史・著

「わざわざアスファルトやコンクリートのスキマに、どうして草花は咲くのか」というようなタイトルでNHKの番組があったのを思い出す。

裏庭の一番端っこ、ガレージへ通じる細道と石垣の隙間に咲く。
人の足元で咲くから余計に、この「うす紫」の可愛さにいろんな想いを抱く。

「伝統と現代アート、そして襲名」 十一代 大樋長左衛門

豊岡市民会館文化ホール

第十一代 大樋長左衛門(年雄)さんの「伝統と現代アート」そして私の襲名」と題した講演を聴きました。

「『伝統は革新の連続だ』との言葉を耳にする。しかし、伝統は伝統、現代は現代、自分は大谷選手のように二刀流を目指す」。茶碗と現代アートの間を行き来しながら作家として活発に創作活動されている姿に驚嘆しました。

「襲名の前と後では、茶碗の見方、接し方に対して、自分の心に大きな違いがあるのを感じる」との言葉も印象的でした。

大樋年雄(11代)さんのブログも凄い!
(2018.06.10の記事が、豊岡講演)

十代 大樋長左衛門

以前、金沢の大樋美術館を訪ねた。その時に十代長左衛門氏と少しばかりお話をさせていただいことを思い出します。

江戸時代初期1666年(寛文6年)に、加賀藩5代藩主・前田綱紀の招きにより京都より千仙叟(千宗旦の末の子)を招いた際に、一緒に帯同したのが楽家4代一入の最高弟であった陶工・長左衛門だった。その後、金沢に居を構え、現代に至る。飴色釉薬が特徴。

九代 長左衛門(祖父)の茶碗を手にとりながら、「九代の中でも、これは素晴らしい出来の茶碗です」。

茶碗の手捻り、真っ赤に焼く、釉薬、窯から取りだすタイミングなど、細かく解説していただく。

十代 長左衛門(父)の茶碗。

九代 大樋長左衛門の茶碗。

「おんぷの祭典 グランドコンサート第5番(合唱付き)」(No.5)

主催者による画像です。3段目右端が私。

6月9日グランドコンサート。第5回おんぷの祭典の出演者全員+特別編成のたえの演奏家、そして地元市民による合唱団、子どもピアニストたちが勢揃い。

最後を飾る(?)のは、この祭典のために結成された「おんぷの祭典合唱団」による「ふるさとの四季」(抜粋)。

歌っている(初体験)とその出来映えがわからない。あとで会場の皆さんの反応は好評だったのでこの企画の成功を実感できました。きっと弦楽器、管楽器の演奏が続いた後の肉声だったのもあるでしょう。

7人のジュニア・ピアニストが交替でソリストを務めたモーツァルトの「ピアノ協奏曲第13番ハ長調K.415」にも盛大な拍手。私も客席で聴いていましたが、一所懸命弾くジュニアたちの姿に感動。ジュニアたちの将来に素晴らしい体験として残ることだと思います。

シュバシコウ・カルテット

コンサート後のシンフォニック・パーティ(打ち上げ)では、サプライズで中貝豊岡市長より「感謝状」の贈呈。弦楽四重奏のシュバシコウ・カルテットの皆さんも大喜び!

こうのとり・クインテット

こちらは、木管五重奏のこうのとり・クインテット。嬉しさのあまり、みんな羽ばたいていらっしゃいました。

この後、プレゼントが当たるくじ引き、そして(恒例の?)みんなでフォークダンスで盛り上がりに、盛り上がって、パーティは終了しました。

出演者の皆さん、本当にありがとうございました。(^o^)/

豊岡市民会館文化ホール

「おんぷの祭典」メイン会場の豊岡市民会館文化ホール。1100人収容。1971年に竣工(築47年)。

現在、耐震構造、建物の老朽化、その他設備の問題で、新・市民ホール建設の方針が示されている。

1市5町の合併(2005年)より13年。旧・市町のそれぞれにあったホール、体育館、公民館などの施設の再編成時期を迎えている。

ハード(建築、設備)も大切ですが、ソフト(人材育成・企画力)の面を忘れないように議論していきたいですね。

おんぷな一日(おんぷNo.5)

午後は、日高西中学校(豊岡市日高町)での「学校訪問コンサート」。
全校生約120名の前で、演奏する「アンサンブル・ウィーン東京」。

ルードヴィッヒ・ミュラー(ヴァイオリン)、中澤きみ子(ヴァイオリン)、坂口昴平(ヴィオラ)、マイケル・ウィリアムズ(チェロ)

演奏曲目、楽器の説明をしながら、クラシック音楽を身近に楽しんで、とのメッセージ。ここで中澤きみ子さんが使用しているヴァイオリンは、「津波ヴァイオリン。2011年の東日本大震災の瓦れきから作られたもの。その悲しみを想い、復活を願って弾き継がれているお話を伝える。

ヴァイオリン 須山暢大 氏

夕方は、場所を日高町文化体育館に移して、こちらは「街角コンサート」。
ステージ上にピアノを囲むように会場を設置。
想定したよりも、良い音響でホッと。

出演は、シュバシコウ・カルテットとピアノの碓井俊樹さん。

最後の曲では「もっと楽器の近くで聴いて」と碓井さん。
子どもたちも大人もピアノとカルテットの周りに集合。

こんな碓井さんの図らいが、子どもたちの音楽原体験となって、やがて音楽ファンになっていくんでしょう。

ベーゼンドルファーを弾く碓井俊樹 氏

実は、文化体育館のピアノは、私の父が31年前(1987年)に寄贈させていただいたもの。こんな形で「役に立つ」とは、私もちょっぴり感慨深い。

豊岡市民会館ホール

夜は、翌日の「グランドコンサート」の本番に備えてリハーサル。

今回の目玉は、このコンサートのために特別に「おんぷの祭典混声合唱団」を結成。約80名の人が歌う。男性が足りないと、私もメンバーに。盛り上げていこうと威勢のいいこと言ってしまった、言い出しっぺとして断ることもできず。

指揮は、我ら「おんぷの祭典実行委員」のメンバー。プロの奏者を前に緊張気味。ピアノの伴奏で練習を重ねてきたが、管弦楽での音合わせはこれが初めて。

何もかにも初めての私は、緊張というよりも、ステージから見える景色を楽しむ。さて、本番は?

終了すると夜の9時前。
そんなこんなのおんぷな一日となりました。

ヘンリさんのフィンランディア(おんぷNo.5)

会場:アールベルアンジェ豊岡

おんぷの祭典もいよいよ佳境に。
プレミアムコンサートが開催された。

「アンサンブル・ウィーン東京」、おんぷ祭典の為に結成された「シュバシコウ・カルテット」(弦楽四重奏)、「こうのとり・クインテット」(木管五重奏)が登場する。

そして、第1回おんぷの祭典以来、5年ぶり登場のヘンリ・シーグフリードソン(ピアノ)です。

ヘンリは、第1回目の後、右手の病に罹り、一度はピアノ演奏を断念、指揮者としての活動や左手だけのピアノ演奏などをしていたそうだ。リハビリの結果、今回の再登場となった。

左より、中澤宗幸氏、ヘンリ・シーグフリードソン氏、中澤きみ子氏

ヘンリの演奏曲目は、シベリウスの「フィンランディア」。
彼の生まれ故郷のフィンランドを代表する作曲家であり、曲である。

激励のメッセージを送ったり、彼から「また豊岡で」との想いの手紙を受け取ったり、この間の交流が実った瞬間でした。

フィンランド人の第2の国歌とも言われる「フィンランディア」をどんな想いで弾いたのでしょうか。

情感のこもった力強い演奏に感動。

♬そうさ100%勇気 〜 子どもたちのためのコンサート(おんぷNo.5)

シュバシコウ・カルテット(須山暢大violin 川又明日香violin 鈴村大樹viola 加藤文枝cello)

🎵そうさ100%勇気
もうがんばるしかないさ〜🎶
この世界中の元気を抱きしめながら

🎶夢はでかくなけりゃつまらないだろう
胸をたたいて冒険しよう🎵

豊岡市民プラザの会場に、赤ちゃん、子どもたち、お母さんたちが集合!!!

碓井俊樹 piano

ピアノ囲んじゃえ〜!

ピアノの碓井俊樹さんから子どもたちへの熱いメッセージ!

「第5回 おんぷの祭典」始まる!〜音楽の都・豊岡をめざして

「第5回 おんぷの祭典」(兵庫県豊岡市)が始まりました。

初日の夜は、サロンコンサート(城崎温泉・招月庭にて)。これから始まる演奏を楽しみに、ワインと食事をいただく。1年ぶりに再会する演奏家たちとは「戻ってきました」「お帰りなさい」との挨拶が飛び交う。

食事が終わり、ロビーを会場として演奏が始まる。
ヴァイオリニスト中澤きみ子さんの「シャコンヌ」(ヴィタリー作曲)
ヴァイオリニスト中村太地さんの「ツィゴイネルワイゼン」(サラサーテ作曲)
最後の曲は
「弦楽八重奏曲変ホ長調Op20 第1楽章」(メンデルスゾーン作曲)

オクテットの演奏はなかなか聴く機会のない貴重なものでしてた。
「朝靄が晴れて柔らかい朝陽が差し込むように始まる出だしのメロディが好きだ」(妻の感想)

私もこのメンデルスゾーンの弦楽八重奏曲は、以前からよく聴く好きな曲です。

この音楽祭の正式名称は「子どもたちが豊岡で世界と出会う音楽祭」。
このコンセプトのもとに、世界で活躍する音楽家たちを招き、子どもも大人も豊岡に居ながらにして、一流の音楽に触れ、楽しむ文化を育んでいこう、というもの。

お薦めコンサート
6/6(火)10:30   子どもたちのためのコンサート
6/7(水)19:00  プレミアムコンサート
6/9(土)14:00  グランドコンサート
※ グランドコンサートには合唱団の一員として(私)登場します)m(_ _)m

他に、街角コンサート(無料)など多数。
詳しくはこちらのサイトで。

1週間、クラシック音楽があちこちで流れます。
ぜひ、楽しもう。