今年も「仕舞体験教室」〜観世喜正さんに感謝

今年で3回目を迎えた「仕舞体験教室」。
私の妻は第1回目から連続参加し、毎年楽しみにしている。

指導は、観世流能楽師の観世喜正 氏。観世喜正さんは、幼少の頃から父・喜之さんと一緒に但馬・丹後での舞台に何度も出演されている。そんな関係で、家元ご本人が東京と行き来しながら指導していただく。(こんな有難いことはありませんね)

豊岡市民会館自主事業として企画されている。今後の取組方針、予算の関係は分かりませんが、日常から少し遠くなって行ききつつ「能」という日本文化を継続、楽しめる文化的活動はぜひ存続して欲しいものですね。

観世さんによる解説と舞付のあと、「子どもコース」の発表。興味を持って本格的にお稽古をしている子どもさんも登場。みんななかなかの舞ぶりでした。
演目は、「草子洗小町」「岩舟」。

「大人コース」の演目は、「羽衣」と「猩々」。
一巡した後に、観世喜正さんと一緒に舞う。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。