Weather Report “DOMINO THEORY”

Weather Report “DOMINO THEORY”

Joe Zawinul : keyboards, synths, producer
Wayne Shorter : soprano & tenor saxophones
Victor Bailey: bass
Omar Hakim : drums
José Rossy : percussion
Carl Anderson : vocals (1)

  1. Can It Be Done (3:58)
  2. Db Waltz (11:10)
  3. The Peasant (8:13)
  4. Predator (5:21)
  5. Blue Sound Note 3 (5:59)
  6. Swamp Cabbage (5:19)
  7. Domino Theory (4:47)

Released in 1984

ジャコ後。(1982年脱退、1987年没)

ジャコ中心に考えてはいけないけど、“Heavy Weather”“8:30” でのジャコの存在はあまりにも大きい。あのベースは一世を風靡する。ベース奏法を変えてしまうぐらいの衝撃的なものだった。

ここでは、ビクター・ベイリーがそれに負けじと素晴らしいベースを奏でる。オマー・はキムのドラミングが冴えている。

全体として、ジョー・ザビヌルの曲、アレンジが支配している。やはり、ザビヌルの曲想とウェイン・ショーターのサックスの音色が、入り混じって展開されるのがウェザー・リポートなんだと再確認。

Keith Jarrett “SOMEWHERE BEFORE”

Keith Jarrett “SOMEWHERE BEFORE”

Keith Jarrett (p)
Charlie Haden (b)
Paul Motian (dr)

1. My Back Pages
2. Pretty Ballad
3. Moving Soon
4. Somewhere Before
5. New Rag
6. A Moment For Tears
7. Pouts’ Over (And The Day’s Not Through)
8. Dedicated To You
9. Old Rag

Recorded on Aug. 30 & 31, 1968

1曲目、ボブ・ディランの曲 ”My Back Pages”。
何百回聴いたことだろう。

この曲が流れるといろんな光景とその時のエピソードが頭をよぎる。それは、学生時代にまでさかのぼる。My Back Pagesを聴きながら、将来の進路を考えたり、結婚を考えたり。友人と語り飲み明かした夜。人生の節目、節目には、必ずこの曲を聴いた。

ぜひ、聴いて欲しい”My Back Pages”。

キース・ジャレットはその後のソロ・コンサートとトリオで一世風靡。これはそれ以前の演奏。どこか明るくおおらかな演奏がいい。2曲目”Pretty ballad”、8曲目”Dedicated ToYou”のバラードも素晴らしい。

Bill Evans “NIRVANA”

Bill Evans “NIRVANA”


Herbie Mann : fl
Bill Evans : p
Chuck Israels : b
Paul Motian : ds

  1. Nirvana
  2. Gymnopedie
  3. I Love You
  4. Willow Weep For Me
  5. Lover Man
  6. Cashmere

Recorded on Dec. 8, 1961& May. 4, 1962

ビル・エヴァンスのアルバムの中でもこれはマイナーな部類にはいるだろう。実際に、学生時代に古レコード屋さんで中古盤を買い漁っていた頃に、偶然に見つけて買ったのがこのアルバム。

全曲、静かな演奏が続く。ビル・エヴァンスのここまで抑えた演奏というのは珍しい。ニルヴァーナとは「涅槃」。悟りの境地の演奏ということか。

悪い意味ではなく、このアルバムは心地よく聴き流しができる。静かに考えたり、脱力しながら、暫しボーッと空想に耽ける時など、このアルバムが登場する。一度、聴いてみてください。

Chick Corea “The Song Is You”


Chick Corea “The Song Is You”

Anthony Braxton : as (1-3)
Lee Konitz : as (2,3,6,7)
Chick Corea : p
Miroslav Vitous : b (1-5)
Jack De Johnette : ds (1-5)

  1. Impression
  2. No Greater Love
  3. All Blues
  4. Waltz
  5. Isfahan
  6. Stella By Starlight
  7. Round Midnight

Recorded on Sep.19,1981, at the Woodstock Jazz Festival

凄いメンバー。どんな演奏か想像してみると、まず目につくのはアルト・サックスのアンソニー・ブラクストンが入っているので、馬の鳴き声(ヒヒーンと私には聴こえるのだが)を思い出す。つまりフリージャズっぽい演奏だが、概ね当たり!だ。

2. No Greater Loveは、チック・コリアの”CIRCLE PARIS-CONCERT”(黄色いアルバム)の演奏を思い出す。サックスはもちろんアンソニー・ブラクストンだ。(私の大好きな演奏。ぜひ、聴いて欲しい。)

3.All Bluesは、マイルスもよく演奏しているスタンダードだが、ここではパット・メセニーのギターをフューチャー。

5.Isfahanは、デューク・エリントン楽団がよく演奏した曲だが、ここでは、チック(p)とヴィトウス(b)とデジョネット(ds)のトリオの緊迫した演奏。(素晴らしい)ちなみに、チックとヴィトウスで思い出すのは、チックの”Now He sings,Now He sobs”の名演。

6.Stella By Starlightと7.Round Midnightの超スタンダード曲は、アルトのリー・コニッツの独壇場だ。リー・コニッツのアルトは、いつもいつも聴こうとはならないけど、どこか深いところで心に響くものがある。

ということで、このアルバムは、それぞれの楽器の第一人者の演奏を楽しむのが良いのかもしれない。不思議なアルバムです。

Curtis Fuller “Blues-ette”

Curtis Fuller “Blues-ette”

Curtis Fuller : tb
Benny Golson : ts
Tommy Flanagan : p
Jimmy Garrison : b
Al Harewood : ds

  1. Five Spot After Dark
  2. Undecided3
  3. Blues-ette
  4. Minor Vamp
  5. Love Your Spell Is Everywhere
  6. Twelve-Inc

Recorded on May 21,1959

1970年代、私の学生時代に「幻の名盤」復刻として、話題を呼んだのがこのアルバム。ジャズでトロンボーン奏者と言えば、このカーティス・フラー、そしてJ.J.ジョンソンを思い出すが、サックス、トランペットほどたくさんのプレイヤーがいるわけではない。
日本では、向井滋春、福村博、それに丹後の知人宅でのジャズコンサートで大山日出男セクステットの片岡雄三さんだ。

人気の秘密は、1.Five Spot After Darkの親しみやすい曲と演奏者の個性的なアドリブだろう。名盤にこの人ありのピアノのトミー・フラナガン、ベースのジミー・ギャリソンのバックも聴きものです。

ミュージックCDの楽しみ

1960〜1970年代はレコードで、1980年代からはCDで、ジャズ、ロック、クラシックとずっと聴き続けてきた音楽。

正確に数えたことはないけど、レコードは1500枚以上、CDも1000枚近くあると思う。もっとも、人生の節目、節目で、引越しなどの際に、中古店に持ち込んだり、2004年の台風23号の浸水でレコードが破損廃棄したりして、何百枚かは減っている。それでも1000枚を越すレコードとCDは現在もある。

レコードは、現在プレーヤーがないので蔵に仕舞ってあるが、CDはあっちに行ったり、こっちに移動したり、置き場所を変えながら、現在は私の部屋の天井下に収まっている。

iPodが登場した時には、レコードをデジタル化してiPodに入れて、毎日聴いていた。1000枚以上あるレコードをデジタル化するには、休日に懐かしいレコードに針を落としながら、ライナーノーツを読みながら、1枚1枚、デジタル録音していく。楽しい時間なのだが、全部楽しむには膨大な時間が必要。

そしてCD。
お気に入りのCDから順番にiMacに入れながら聴こう。

それぞれのCDを買った頃の時代や自分の思い出をフラッシュバックしながら聴くのもなかなかいいもんだ。

John McLaughlin “Thieves and Poets”

John McLaughlin “Thieves And Poets”

John McLaughlin : guitar
others

1. Thieves and Poets, Pt. 1
2.Thieves and Poets, Pt. 2
3.Thieves and Poets, Pt. 3″
4.My Foolish Heart
5.The Dolphin
6.Stella by Starlight
7.My Romance

Recorded in June, 2002

ジョン・マクラフリンはギタリスト。
なんか変な書き出しだが、余りにも多彩なジョンなので。

自分のバンド「マハビシュヌ・オーケストラ(Mahavishnu)」で、マイルス・ディビスの重要作”Bitches Brew”、”Jack Johnson”での演奏、サンタナと共演、シャクティ(Shakti)、パコ・デ・ルシアとラリー・コリエルとのギタートリオなど。

ジャズを主体に、インド音楽、スパニッシュ、クラシック、ロックなど様々なスタイルで演奏活動。スーパーな存在なのだ。

1.〜3.のThieves and Poetsではオーケストラをバックにオリジナル曲を演奏。マクラフリン独特の演奏が続いた後、4. My Foolish Heart、5.The Dolphinと続くバラードが心に染みる。

静かにゆったりと聴いてほしい。アルバムです。

Paul Chambers “BASS ON TOP”

Paul Chambers   “BASS ON TOP”

Paul Chambers : bass
Hank Jones : piano
Kenny Burrell : guitar
Art Taylor : drums

1. Yesterdays
2.You’d Be So Nice to Come Home To
3.Chasin’ the Bird
4.Dear Old Stockholm
5.The Theme
6.Confessin’
7.Chamber Mates

Recorded in 1957

ポール・チェンバースは、これまで紹介してきたマイルス・ディビスウィントン・ケリーアート・ペッパーソニー・クラークなどのジャズを代表する演奏でベースを弾いている。

そのウォーキング・ベース、ボーイング(弓弾き)、ピチカット奏法も、全て一級品。特にウォーキングは独特のバッキングで、心地よい。

同時代にジャズ・ベースのトップを競ったリチャード・デイヴィスから一目置かれ、その後のベーシストに多大な影響を与えた。

学生時代に、アルバム名を見ずに、楽器演奏だけを聴いて奏者を当てる「ブラインドフォード遊び」をよくしたものだが、ウィントン・ケリーのピアノとこのポール・チェンバースのベースは、自信を持って答えたものだ。

McCoy Tyner “ENLIGHTENMENT”

McCoy Tyner  “ENLIGHTENMENT”

McCoy Tyner: p
Azar Lawrence: ts, ss
Juni Booth: b
Alphonse Mouzon: ds

1. Presenting the McCoy Tyner Quartet
2. Enlightenment Suite, Part 1 – Genesis
3. Enlightenment Suite, Part 2: The Offering
4. Enlightenment Suite, Part 3 – Inner Glimpse
5. Presence
6. Nebula
7. Walk Spirit, Talk Spirit

Recorded on July 7, 1973

久しぶりに聴くマッコイ・タイナー。
私が学生時代に初めてジャズのコンサートに行ったのがこのマッコイ・タイナーだ。その強烈な演奏は今でもはっきりと覚えている。

この”Enlightenment”の録音の1年後の来日だったので、ほぼこの録音と同じ演奏だ。たまには灼熱の演奏に浸るのも良いもんだ。

KOH’s VIEW  2005/03/20 参照

Red Garland “GROOVY”

Red Garland  “GROOVY”

Red Garland : p
Paul Chambers : b
Arthur Taylor : ds

1. C-Jam Blues
2. Gone Again
3. Will You Still Be Mine?
4. Willow Weep For Me
5. What Can I Say, Dear
6. Hey Now

Recorded on Dec. 14, 1956, and May 24, Aug. 9, 1957.

グルービー(groovy)。
「いいノリだね」とか「スィングしているね〜」と言う意味合いで語る。まさに、その「groovy」がタイトルになったレッド・ガーランドのアルバム。

「タイトルに偽り無し」の名盤だ。

録音当時は、マイルス・ディビスのコンボでピアノを弾いていたレッド・ガーランド。ジャズ特有のリズム「バック・ビート」を強調したピアノは、まさにソウルフルで粋だ。

ポール・チェンバースの、こちらもポール特有のウォーキング・ベースも素晴らしい。1950年代ジャズが存分に楽しめる必聴盤だ。