WARDROBE〜クローゼットからワードローブへ

クローゼットから「ワードローブ」へ。
ハンガーのある生活を提案します。

WARDROBE by NAKATA KOGEI

ワードローブは、洋服を仕舞い込むのではなく、次の出番を待つ洋服と一緒に暮らす部屋。

背中に「WARDROBE」のロゴ

ファッション・ショップで支持されるハンガーをさらに厳選したワードローブ・シリーズのハンガー。使いよいサイズ、軽さ、厚み。クローゼットで洋服を思うままに収納できることをイメージしています。

2019年1月より、全国の「東急ハンズ」で販売開始
中田工芸(株)のサイトからも購入できます。

感謝を込め、来年への「福かけ」

年末の大掃除を終えた本社玄関。
1985年に建てたので、築33年になるが、結構綺麗に使っているのではと、ちょっと自慢もしたいオフィスです。

いつもはもっとスッキリなんですが、年末バージョンということで。

経済産業省から「地域未来牽引企業」に選定を受け、1年が経ちました。
「地域経済の成長・発展に寄与」というミッションが果たしてどれぐらいできたのか、1年間を振り返って見なければならない。

今年も多くの「会社見学」のご希望を受け入れさせていただいた。経済団体、地元の高校、マスコミ取材など、少しでも但馬地方、豊岡市にこんな企業があることを知っていただき、刺激になったとしたら幸いです。

兵庫県からは、「成長期待企業」の選定を受けました。

兵庫産業活性化センターと協力して、NAKATA HANGERの海外進出を積極的に推進しました。香港、台湾、シンガポール、マレーシアなどのアジアを始め、ヨーロッパへの足掛かりとしてイギリス(ロンドン)へのアプローチを実行。

ファッション業界で、既にNAKATA HANGERを知っていただいているデザイナーやショップ・オーナーの方もいらっしゃり、手応えを感じる1年でした。

今年も多くの方たちにNAKATA HANGERをご利用いただきました。
自分スタイルを磨き、モノを大切にする習慣と豊かな文化にもっともっと貢献することを誓いつつ、今年1年間を終了いたします。

来年も、NAKATA HANGERの「ふくかけ」で多くの皆さんに「福」がかかりますように。

今年1年の感謝を込めて。

“ハンガー”という世界〜Wedge(ウェッジ)新春号

Wedge 1月号、「Value Maker〜付加価値を生む仕掛け人」のコーナーに掲載されました。題して「オーダーメイド”ハンガー”という世界」。(p76)

中田修平 社長

「誰でも使っているのに、深く考えたことがないモノの代表格がハンガーでしょう」との書き出しでハンガーを紹介しているのが、中田修平社長。(昨年5月、社長交代をしました)

創業1946年以来、一貫して72年間ファッション業界やホテル・旅館向けの木製ハンガーを製造・販売をしてきました。2007年に東京・青山にショールームを開設を機に個人用として、洋服のメンテナンスに適した本物志向の高付加価値のハンガーを「洋服の帰る場所」というコンセプトのもと、NAKATA HANGERブランドとして展開しています。

年末年始の帰郷、新幹線などご利用の際、ぜひご覧ください。

ハンガーが要(かなめ)〜NIKKEI STYLE(Yahoo!ニュース)

NIKKEI STYLEの記事。

「洋服の収納に必要なハンガー。ただ意識して選ぶ人は週素肌ろう。クローゼットが整理できる人はハンガー使いがうまい。」

ハンガーの役割と現状を端的に説明してありますね。

NAKATA HANGERショールームの販売担当の向山がハンガー選びの説明をさせていただいています。

「服は、着ていない時間の方が長い。」→服を型崩れしないように保管

重量のある衣類は専用ハンガーに掛けて保管したほうが形崩しない。」

「仕事用のスーツも専用ハンガーを使うことで長く着ることができる」

ジャケットやスーツ用のハンガーは厚みと幅が服に合ったものを選ぼう。肩の先端の厚みは3センチ以上、幅は肩幅より2~4センチ差し引いたサイズのハンガーに掛けると、服の肩はきれいにはまる」

「ニット類は細いハンガーに掛けると跡が付き、厚いハンガーだと編み目がのびてしまう。シャツ用より厚め、4センチくらいの厚みをもつハンガーがおすすめ」

さらに詳しくは、NAKATA HANGER「ハンガーの選び方」 をご覧ください。

”Christmas Gift 2018”〜心躍る季節ならではの彩りを

NAKATA HANGERの人気ハンガーを「クリスマス期間限定スペシャル・ハンガー」として製作しました。

ワインレッドの華やかなハンガーは、レディス用として大人気。
ダークカラーの多い冬物には、ホワイトのハンガーが洋服を引き立てます。

ワインレッドもホワイトも、もうすぐ雪の便りが届く豊岡市のハンガー工場で製作。より丁寧に、丁寧に、仕上げた正真正銘のMade in Japan ハンガーです。

クリスマス・ギフトにいかがでしょうか。

詳しくは、NAKATA HANGERのギフト・ページをご覧ください。

Barca(バルカ)〜小舟のようにブラッシング

手のひらサイズ(10cm×4cm) / 馬毛 / 牛革ケース付き

NAKATA HANGERより携帯用服ブラシ「Barca」(バルカ)登場。

出先や出張先のホテルで、手軽に洋服ケア。大事な商談前にサッとブラッシング、ホコリやシワを整え清潔な印象に。一日の終わりに出張先のホテルでその日の汚れを丁寧にブラッシング。
スーツのケアに適し、大切な洋服を長くキレイに保ちます。機能はそのままに、持ち運び出来るコンパクトサイズの洋服ブラシです。海外・国内のトラベルにも活躍します。

Barcaはイタリア語で「小舟」

「Barca」はイタリア語で「小舟」という意味。
小舟のように軽快にさ〜っと、気持ちよくブラッシング。

ケースにもこだわりがあります。
鞄産地・豊岡の老舗カバン・メーカーの職人が丁寧に製作した天然牛革のケース付きです。
ギフトとしても大変喜ばれています。

ハンガーとブラシで快適ファション・ライフを!

阪急メンズ大阪に登場!〜NAKATA HANGER

阪急メンズ大阪にNAKATA HANGER、本格デビュー。
コーナー開設記念に「ナカタハンガー・フェア」(9/10〜9/25)を展開中です。

フェア期間中は、NAKATA HANGER常設売場にて販売の定番ハンガー以外にも、人気のスタンドハンガー”Jiorno”(ジョルノ)や漆塗りハンガーなど、スペシャルなハンガーも販売しています。

NAKATA HANGER×輪島塗 (162,000円税込)

NAKATA HANGERと輪島塗とのコラボで誕生した「漆塗りハンガー」

ハンガーは、職人の究極の技を駆使したNAKATA HANGERのNH-3。
漆塗りは、「輪島千舟堂」。(サミット公式採用の輪島漆器)。

ちなみに、千舟堂(岡垣漆器店)現社長の曽祖父は、私の母校「県立豊岡高校」の校歌作詞者の岡垣徹治校長先生(当時)。

♪♪「群山の秀に湧く雲と 諸人のここに学びて ♫」

コラボの企画後に知った逸話ですが、世の中の不思議なご縁を感じます。

阪急メンズ大阪に、行ってみてください。

伊勢丹メンズ館15周年記念ハンガー〜これぞ「世界にひとつ」

伊勢丹メンズ館8F

ただ今、新宿・伊勢丹メンズ館にて「伊勢丹メンズ館15周年記念限定ハンガー」をご紹介しています。

2009年、伊勢丹メンズ館8FにNAKATA HANGER 売り場を開設させていただいて以来、ご好評をいただき、様々なイベントを開催しています。

今回は、
マットブラックハンガー」(ボディもフックもマットブラック)
カラーオーダー・ハンガー」(同一デザインで5色。グリーン、レッド、ホワイト、グレー、ブラック)

ご自身で「寄せ書き」後、NAKATA HANGER 工場にて仕上げて、お客様のお手元へ

特にユニークなのは、本邦初の「寄せ書きハンガー」。
これぞ「世界にひとつ!!」。

ご自身が手書きでメッセージや思いを綴る「寄せ書きハンガー」。
大切な人に贈るスペシャル・ハンガーです。
(2019年3月31日まで)

詳しくはこちらをどうぞ。

伊勢丹新宿店メンズ館8階 イセタンメンズ レジデンス
東京都新宿区新宿3-14-1

NAKATA HANGER〜阪急メンズ館(大阪)で販売開始しました

2007年、東京・青山の弊社ショールームから始まったNAKATA HANGERブランドの展開。

3年後には、東京の百貨店さまからのオファーでNAKATA HANGERコーナーを開設。以後、名古屋、京都、札幌、博多などの地方都市にも展開。

8月8日に、いよいよ大阪・梅田の阪急メンズ館での販売が開始しました。

阪急メンズ館1F

一番人気のAUT-05のスーツハンガーをはじめ、ネクタイ・ベルト掛けハンガーの小物も展開しています。

阪急メンズ館ならではの、ハイセンスな紳士用品がズラリと並ぶ一角に設けていただきました。できれば、もう少し品揃えを増やして、皆様にご利用いただければ幸いです。

阪急メンズ館でご覧ください。

“NAKATA HANGER” at TOKYO MIDTOWN HIBIYA

東京ミッドタウン日比谷1F。LEXUS MEETS …(物販:STEER AND RING)

今年3月にオープンした「東京ミッドタウン日比谷」。
ユニークなエントランス空間、ショップ&レストラン、映画館、空中庭園やオフィスが集約された複合施設。

なかでも1F にある
LEXUS MEETS …(物販:STEER AND RING)
にご注目。

LEXUSに「出会う」「触れる」「乗る」をコンセプトに、LEXUSを身近に感じることができるブランド体験型施設。

ただいま、NAKATA HANGERPOP UP SHOP(〜7月24日)をオープンしています。

日本のファッションと共に歴史を刻んできたNAKATA HANGERをお手にとってご覧ください。