秋 野菜 満載 !〜「畑のレストラン」 in 丹後

秋晴れ!清々しい風が吹く。
これぞ正真正銘の「畑のレストラン」。

ここは、京丹後市大宮町の丘陵にある広大な畑を舞台に、そこで採れた新鮮野菜をその場で調理し、その場でいただく年1回のイベント。

毎年、真夏に開催されているが、今年は台風の影響のため延期。秋の「畑のレストラン」となった。

この畑で野菜作りをし、このイベントを開催する「自然耕房あおき」。お料理は、地元で食品スーパー「いととめ」の広野さんと「自然耕房あおき」で一緒に野菜を育てていらっしゃるスタッフのみなさん。

「自然耕房あおき」が力を入れているエディブルフラワーの野菜。オリーブオイルと塩を振りかけていただく。向こうに見えるのは、カボチャ(鹿ケ谷南瓜)、ダイコン、ビーツ、サツマイモ、ゴボウなど、「秋満載」の盛り付けだ。

ミニトマトとキュウリのピクルス、ゴボウ、ビーツ、シシトウ、ピーマンを焼いて。さらに、天ぷら、カボチャのスープ、ポテト、ビートのチップ(薄揚げ)など野菜満載。野菜好きの人には堪らない。まさに「天国の食事」だ。

腕を組みながら野菜作り、調理法などを解説する河野武平さん

「畑のレストラン」は、ただ新鮮な野菜をいただくだけではない。食事が始まる前には、広大な畑を一周して野菜づくりの現場を見学。これだけで圧倒されてしまう。

野菜作りを指導されている河野さんのお話は、野菜の性質、旨味を引きだす調理法など科学的な見識をもとに全てが的を射て分かりやすい。

そうした見識を基に河野さんが考案した「磁性鍋」が凄い。我が家も河野さんに初めてお会いし、お話を伺って以来、毎日のように使っている。オススメだ。

「自然耕房あおき」のスタッフの皆さん。

但馬コネクション5月のゲストにお迎えし、お話を聴きました。
野菜づくりを始めたきっかけや出会いや出来事、みんなに助けられてと謙虚におっしゃる青木美恵さん。エディブルフラワーをみんなでいただいたあの味。素敵なセッションでした。

女性が中心だったメンバーに男性二人が加わりパワーアップ。これだけの人でこの広大な畑を耕し、野菜づくりをする姿を想いながら、感謝の拍手。

ここからリッツ・カールトン(京都)のレストラン、料亭「和久傳」など、超高級レストランの食材として出荷。知る人ぞ知る「美味しさ」「豊かさ」「健康」の秘訣は、こういうところにあるのだ、と思う。

「いととめ」の広野さんや「自然耕房あおき」の青木美恵さんに出会えて、本当に幸せな気持ちと感謝の気持ちになる。

実りの秋の豊かな時間を過ごした午後でした。

「自然耕房あおき」さんに、丹後に、大地に、感謝!

帰りに「いととめ」によって、「畑のレストラン」で使っていたオリーブオイルをゲット。

ラベルをよく見ていただくと「Mitsuyo」とあるのがお判りでしょうか。私の妻の大学時代の教授。その後、西洋文化(ハーブを使った料理)を日本に紹介することで活躍されている北村光世さん。妻も私も北村さんのイタリア・パルマのご自宅に行き、パルメジャーノ・レジャーノ、プロシュート、オリーブオイルなどがつくられている現場を見学したことがあります。

丹後半島って面白い。
ぜひ、行ってみてください。

もっとビールを知り(飲み)たい〜アサヒビールにお邪魔して

知人の紹介でアサヒビール(吹田工場)に行く。
林立するビールのタンクにワクワク、ドキドキ、ゴクゴク。(^o^)

目的は、「ビール」に対する深い蘊蓄をお持ちの方にお会いすること。

材料(麦芽、ホップ)、製法、工場の生産ライン、日本のビールの歴史、スーパードライ誕生物語、なぜ吹田(大阪府)なのか、など、様々なお話を聞かせてもらいました。

もちろん、ビールをいただきながら。^ ^v

工場見学コースの途中、アサヒビールに貢献した歴代社長のパネルがありました。その中で、1982年より社長となられた村井勉 氏のお顔を発見。トップとして活躍されていた頃、私もご近所(尼崎市塚口)に住んでいて、すごい方の近くに住んでいるのが、なんだか自慢だったのを思い出しました。
(もちろん、村井氏は、こちらのことをご存知ありませんが)

ビールの醸造タンク。ここからパイプを通して最終ライン工程に繋がり、瓶や缶に詰められ、出荷される。

誰もが知りたい「どれだけの量のビールが入ってる?」のでしょう。

答えは、500kl(キロリットル)。
と、言われてもどれくらいか想像もつかない。

「缶ビール(350ml)を一人が毎日一本飲んだとして、何年分のビールが入っているでしょうか?」とヒントが出るが、電卓で計算しないと、とっさに分かる訳ないですね。
(興味とお時間がある方は計算してみてください)^ ^

この訪問と質問の答えは、また後日。

「とよおかまちバル」〜飲み歩き!って面白い

「とよおかまちバル」ってご存知ですか?
今年で6回目とあるので豊岡市に住むか職場がある方には出かけた人も多いのでは。

今年の参加店は32軒と、例年よりちょっと少ない感じがありますが、普段行ったことのない居酒屋やレストランも足を運ぶいい機会。(友人や来客時に「どこに行こうか」と悩むこと多いので)

チケットは前売3000円(5枚つづり)。

「バルの掟」が面白い。
同じ店で原則チケット1枚。
次のお客様に早めに席を譲る。
事前の席取り(予約)は慎むべし。
など。

いつも、つい長居をしてしまう私には、特にこの「掟」が新鮮だ。

初めて入るお店の「おでん」。バルがなかったら、おそらく入ることのないお店の料理が楽しい。

お店によっては長蛇の列。
これも「今、どこが話題の店か」のバロメータ。

「オーベルジュ豊岡1925」では、フルートとピアノの演奏を聴きながら。こんな風に市民が気軽に、食べながら、飲みながら、集える企画がもっとたくさんあるといいな、と思う。

市役所前の市民広場。
「まちバル」のお店の移動の合間にちょっと休憩。
何気なく、気楽に、聴ける歌と演奏。
後ろで「パパ〜、頑張って」と子供が応援。

いいじゃあないですか、この光景。

大好きな台湾料理で一番好きなのはコレ

葱油活魚(チョン ヨウ オウ ユウ)

大好きな台湾料理。そして一番好きなメニューはコレ。
必ず毎回注文する。
(正確に言うと、黙ってても、いつも台湾のビジネスパートナーが何も言わなくても注文をしてくれる。感謝!)
今回は、虎班(フウ バン)と言う高級魚だ。

日本なら「川蟹」、上海なら「上海蟹」。
台湾は何だろう?(尋ねるの忘れた)
おこわの上に蟹。秋の味覚だな。
香ばしくて最高!

地瓜葉(ティ ファ イェイ)。

サツマイモの葉っぱ。
胃腸に良いそうだ。
昔は、豚のエサにしてたそうだが、最近の健康ブームで、台湾で人気の青菜の炒めもの。

担仔麺(ダン ジャイ メン)。

台湾料理の人気麺と言えば、やはりこれだろう。
お腹いっぱいでも、このスープと麺は、またお腹に納まってしまう、ダイエットには危険な食べ物だ。(笑)

ハイリゲンシュタットを訪ねて〜ベートーヴェンとホイリゲの1日

どうしてもハイリゲンシュタット(Heiligenstadt)を訪ねようと思っていた。

U4線の終点ハイリゲンシュタット駅。もっと牧歌的(?)なところと想像していたが、何やら近代的な建物が取り囲む。

お目当は「ベートーヴェンの家」。ガイドブックによれば、バス38Aに乗って約20分とある。

バス停から10分ぐらい歩くとありました。
これがベートーヴェン・ハウス。

このハイリゲンシュタットの街でも、数回引っ越したというベートーヴェン。

これが「ハイリゲンシュタットの遺書」を書いたと言うベートーヴェンが住んだ家。(なんか綺麗すぎてイメージとは違うので気持ちの整理が必要だ。)

左側の白っぽい建物がベートーヴェン・ハウス。狭い通りは直線で、隣どうしが繋がっている。この道を歩いて散歩に出かけたのだろうか。200年前だから車はないにせよちょっと窮屈な感じ。でも、通りは石畳でその当時もそうなのだろう。

2016年3月に台湾で交通事故に遭い、まさに九死に一生を得る大事故であった。(今でも、よくぞ死ななかった、生きていて良かった、と頭をよぎる。)

その後、約1年間は療養第一の日々を過ごした。その時に、ベートーヴェンの音楽を毎日聴きながら過ごし、いつかハイリゲンシュタットには行ってみたいと思うようになった。

のんびりとした田園風景と想像していたが全然違うではないか。

でも、小川が流れ、周囲は緑の森に囲まれたとろこもある。この道を歩きながら、曲の構想を練る日々を送ったのだろう。この風景を記憶に留めておかなければ。

t会

「ベートーヴェンの道」の山手側に少し歩くと、ぶどう畑がある。振り向くとウィーンの中心部の高い塔が見える。

ぶどう畑から再び、ベートーヴェンの家に戻る。
その横にある「ホイリゲ」で待ち合わせ。
5時なので、まだお客さんは誰も来ていない。

※ ホイリゲ=オーストリアでワイナリーがやっている居酒屋。自家製ワインと家庭料理が楽しめる。

待ち合わせていたのは、「おんぷの祭典」(豊岡市)に初回から5年連続で演奏していただいているチェロのウィリアムズさん一家とヴァイオリンのミュラーさん一家。

それぞれの奥様もはチェリストとヴァイオリニスト。子どもたちは4才と6才、そして5才。家もウィーン中心部の近いところに住んでいる。

お母さん同士は、子どもたちがどんな楽器を習うのか、先生は誰がいいのか、などいろんな話をしている。

ウィーンの音楽家たちが何にを話しているのか、とても興味深いし、面白い。

今夜は、ウィーンの友人ファミリーに囲まれた気分で食事。途中で、中庭に出て椅子取りゲームなどしながら、食事を楽しんだ。

あっという間の時間。子ども達がいるので早めに切り上げて、ホイリゲをでる。

せっかくなので、ベートーヴェン・ハウスのドアの前で写真をもう一枚。

いつか訪ねようと思っていたハイリゲンシュタットのベートーヴェン。特別なメンバーたちと一緒に、さらに印象深いものになりました。

食のミュンヘン〜オクトーバーフェストと市場

ミュンヘンのもう一つ目玉。
「オクトーバーフェスト」(Octoberfest)
世界最大のビール祭り。ニュースなどで知っていたが、来てみるとその巨大(?)さにびっくり。改めてビール好きのドイツが目の前に。

9月下旬から10月初旬の開催期間に600万人が訪れると聞くが、私の感覚では1000万人ではないか。ビールは1リットル・ジョッキのみ11.2ユーロ。(約1500円)。掛け算すると期間中の売上はいくらになる??なんて計算してしまう。

私はバイエルン料理のシュヴァイネハクセ。(骨つき豚のスネ肉)

こちらは、グリルしたチキン。

こちらは、ミュンヘン名物の白ソーセージ。
ヴァイスヴルスト。

3人それぞれ違う料理を注文して、お互いにシェア。
いろんなお料理食べないと。

それにしても、ビールがないと食べられない料理ばかりです。
(当たり前ですね)

隣には、オランダから来た3人の男たち。朝6時に家を出て、鉄道で来たと。ビールと世界からの人と会話を楽しむために、毎年来ていると。その向こうはイギリスから来た女性たち。

あちこちの巨大会場をハシゴしながら腹パンパンの午後でした。

オクトーバーフェストをあとにして、地下鉄で移動。
新市庁舎(Neues Rathaus)
1867年〜1909年の40年以上かけて建築された。

夕暮れ時の新市庁舎前、マリエン広場。

マリエン広場を抜けるとすぐに市場がある。

オリーブ

魚介類も豊富だ

秋のフルーツがズラリ。
四角の区切りで整然として並ぶところはドイツならでは、かな?

ひょんなことから念願かなう叶う〜京都・祇園/割烹『「大神』

厚い雲に覆われる京都四条鴨川。

午後出発で富山県へ向かう予定が、北陸地方の大雨の影響で、全ての特急サンダーバードが運休。すでに山陰線で京都へ向かっていたので、急遽、京都で一泊することに。

そうなると、パッと頭を切り替えて、ホテルと今夜の食事の予約。どちらも思ったところにバッチリ予約完了。

食事は、過去何度も満席で行ったことがなかった祇園・割烹「大神」。京都の知人おススメの店。

日本料理。食材は季節の物が中心になるのは当然だが、その組み合わせが絶妙。「ちょっと季節が遅くましたが、鮎を」と出てきたのがこれ。鮎の内臓の苦味をうまく仕込む。

お料理の盛り付けも素晴らしい。

料理に合わせてどの器も凝っている。

釣りが大好き。昔は猟もしたというマスター。料理の腕とセンスが抜群で独創的。

最後に、土鍋ご飯。中身はたくさんの食材のなかからお客のリクエスとに応えてくれる。こちらは4人にいるので、特別に、レンコンと小エビの2種類で炊いてくれた。

あっという間の3時間半。
本当なら金沢・富山へいるはずの夜。
天候のせいで、京都での思わぬご馳走となる。

京都/祇園 割烹
『大神』
京都市東山区末吉町88
電話: 075-533-1611

銀座で兵庫と出会えるレストラン〜「神戸プレジール銀座」

「打合せランチを」と、銀座へ。案内していただいたレストランで、サプライズが待ってました。

JA全農兵庫直営レストラン「神戸プレジール銀座」
コンセプトは「伝統の神戸ビーフを、銀座と言う街で」。

但馬牛を選ぶこともでき、兵庫県産の野菜もたっぷりなのが嬉しい。

銀座四丁目交差点にある銀座プレイス11階。

東京・銀座でこんな兵庫に出会うとは。まさにサプライズ。
美味しい食事と素晴らしい時間を過ごしました。

牛革で作った兵庫県地図。小林支配人(左側)と上治丈太郎様。

レストランを案内してくださるのは小林支配人。(左側)

今回のサプライズの仕掛人は、東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会の上治丈太郎様。

こちらからご無理をお願いしている「打合せ」でしたが、かえって、大変なご馳走になってしまい、恐悦至極でございました。

改めて、ゆっくりと食事に行きたいと思います。

「出雲そば」〜そば湯と一緒が出雲流

割子そば。通常3枚に1枚追加。

「出雲そば」を初めていただく。

「玄そばの挽きぐるみのそば粉を使い、色が黒っぽく、香りの高いのが特徴」と松江市のパンフレットにはあったが、説明以上に実感する。

食べ方は「割子」と「釜揚げ」があるが、どちらもそば湯と一緒に食べるのが独特だ。

食堂の女将さんに食べ方の説明を聞きながらいただく。

一皿づつ、違う味わい方ができるが、面白い。
出汁のみ、出汁+そば湯で暖かいそば、薬味を好みで乗せて出汁+そば湯、

そばの茹で加減、風味、お出汁、薬味、と全て完璧。
私にとって、また新しい体験、「極上の蕎麦」に出会いました。

次回、松江に来たら必ずまたこの店には立ち寄りたいと思う。
ぜひ、行ってみてください。

十一軒(といちけん)
松江市芋町21
tel : 0852-21-2275

最高に幸せなランチミーティング!

採れたて野菜尽くしのお料理。
最高に幸せなランチミーティングでした。

ぜーんぶ、ご自分の農場で育てた野菜、野菜、野菜。
お料理も盛付けも完壁!

採れたてのゴボウとキャベツのロール。

とってもフレッシュで、とってもビューティフルで、とってもゴージャス!
「採りたて」野菜のサラダ。お花もみ〜んないただきました。

どこ?(後日、みなさんにご紹介予定です。)m(_ _)m
お楽しみに!