NAKATA HANGER〜阪急メンズ館(大阪)で販売開始しました

2007年、東京・青山の弊社ショールームから始まったNAKATA HANGERブランドの展開。

3年後には、東京の百貨店さまからのオファーでNAKATA HANGERコーナーを開設。以後、名古屋、京都、札幌、博多などの地方都市にも展開。

8月8日に、いよいよ大阪・梅田の阪急メンズ館での販売が開始しました。

阪急メンズ館1F

一番人気のAUT-05のスーツハンガーをはじめ、ネクタイ・ベルト掛けハンガーの小物も展開しています。

阪急メンズ館ならではの、ハイセンスな紳士用品がズラリと並ぶ一角に設けていただきました。できれば、もう少し品揃えを増やして、皆様にご利用いただければ幸いです。

阪急メンズ館でご覧ください。

建て替え中の大丸心斎橋店

大阪・大丸心斎橋店の建て替え工事が続いている。

既存は、1933年(昭和8年)完成、アメリカの建築家ウィリアム・メレル・ヴォーリズ設計によるクラシックな建物であった。内装はアール・デコ調のデザイン、外装はゴシック調の格調高いものであった。

御堂筋の反対側の心斎橋商店街のアーケード。通りに沿って工事の為の壁面が張り巡らされている。

私はハンガーの仕事をする前に、大阪のあるディスプレイ会社に勤務し、この心斎橋大丸店を担当していた。今から、約40年前の話である。大学卒業し、社会人として第一歩を踏み出す。全てが初めての体験。胸をドキドキさせながら、このアーケードの下を何百回、何千回、往来しただろう。今でも、ここを通るとその頃の心境が蘇ってくる。仕事の厳しさと、顧客に喜んでいただいた時の達成感とが入り混じる「私の仕事の原点」でもあった。

完成予想図。ヴォーリズの設計した外観を残し、その内側に高層建物を建てる計画のようだ。

今は、梅田(キタ)と難波(ミナミ)に挟まれた心斎橋。
その中心は、この大丸。
2019年の完成、開業を楽しみにしよう。

Super Science High School〜地元企業を知る

Super Science High School(SSH)プロジェクトで豊岡高校1年生達が10名、会社にやってきました。SSHは、文科省が高校を指定し、将来の国際的科学技術人材を育成する事業。

SSHは高校生が地元企業を訪ね、実際の仕事や経営者の話を直に聴き、学ぶプロジェクトです。20のグループに別れて地元企業を訪問する。

高校を卒業すると一旦故郷を離れ、大学に進学することがほとんどだが、故郷にもこんな企業があるんだよと、その後の進路の参考にしてもらおうという試みでもある。

故郷には、世界を相手にビジネスを展開している企業、誇るべき独自技術を持った会社、その分野では全国一の企業など、高校生達は大いに参考になる。

工場では各工程責任者が、本社では営業が中心になって、ハンガーを生産して顧客に届けるプロセスを説明する。その苦労やうまくいったときの喜びなど伝える。

私が伝えたメッセージは、次の3つ。

・地方であることは、ハンディキャップ(handicap)ではない、アドバンテージ(adovantage)だ。

・Serendipity(セレンディピティ=偶然やってくる幸運と出会う能力)
-行動する -気づく -受けとめる

・大きなT字人間になろう。広く(横線=global)活動するには、深く自分(縦線=local)を知り、愛すること

経験の少ない高校1年生には、ピンとこないかもしれないが、いつか自分の進路や人生を考える時の参考にしてもらいたい。印象付けるために、あえて英語の単語を添えながらお話をしました。

しっかり学び、大いに悩み、いろいろと挑戦し、そして人生のやりがいを見つけ、できれば豊岡に帰って、自己実現を果たして欲しい。

“NAKATA HANGER” at TOKYO MIDTOWN HIBIYA

東京ミッドタウン日比谷1F。LEXUS MEETS …(物販:STEER AND RING)

今年3月にオープンした「東京ミッドタウン日比谷」。
ユニークなエントランス空間、ショップ&レストラン、映画館、空中庭園やオフィスが集約された複合施設。

なかでも1F にある
LEXUS MEETS …(物販:STEER AND RING)
にご注目。

LEXUSに「出会う」「触れる」「乗る」をコンセプトに、LEXUSを身近に感じることができるブランド体験型施設。

ただいま、NAKATA HANGERPOP UP SHOP(〜7月24日)をオープンしています。

日本のファッションと共に歴史を刻んできたNAKATA HANGERをお手にとってご覧ください。

東京・青山ショールーム隣接のオフィス

海外のビジネスパートナーとのミーティング

東京・青山にハンガーのショールームをオープンして11年になります。
地下鉄・銀座線の「青山一丁目」駅の真上という超・便利な場所ということもあり、毎日、たくさんのお客様に来店いただいています。

そんなこともあり、2016年春に隣の店舗が空いたこともあり、「青山オフィス」を開設しました。

ショールームで来客が重なった時には、オフィスで商談がとても便利になりました。

web関連のミーティング

兵庫県豊岡市にある本社とは、テレビ会議のシステムを使って、毎日のように打合せを行なっています。

お客様、そして社内でコミュニケーションにとても活躍してくれています。

路線バス利用してますか?〜十勝バス(株)の再生物語

十勝バス(株)野村文吾 代表取締役社長

「皆さん、路線バス利用していますか?」の質問で始まった今月の経営者倶楽部。ゲストは、十勝バス(株)の野村文吾社長。

考えてみますと、路線バスには不安が多い。
・ 系統図が分かりづらい。(自分の目的地にはどのバスに乗ればいいの?)
・ 乗り方がわからない。(前ドア?後ろドア?料金はいくら?いつ払う?)
・ 待ってても来ない。(平日・休日ダイヤ、定時に来ない、本当に来るの?)
・ 降車の合図はどうするの(通過してしまわないかドキドキ)

皆さん、どうでしょう?

北海道帯広市の十勝バス(株)。40年間毎年客数が減り、いよいよ倒産の危機。そこで立ち上がったのが野村文吾社長(4代目)。大手企業を退職、十勝バスに入社するが、社内ムードは最悪。戸惑いの中、「社員を愛する」ことから始める。ハチャメチャ(失礼!)な展開から、見事、十勝バスの再生に成功。

『黄色いバスの奇跡』(吉田理宏・著)

奇跡の物語は、こちら↑の書籍を。

サインには「心」の文字が

地方のバス会社の8割は実質的には赤字経営。(行政の補助で決算は黒字だが)
その中で、十勝バスの復活は奇跡と話題になる。

地方公共交通の再生のポイント
・ 不安の解消
・ 目的地提案(移動は手段)
・ 見える化(地図、路線、運行など)
・ ITの活用(目的別路線、情報アプリの開発)

公共交通手段が無くなる地域は廃墟となる、とも。
但馬地方の公共交通を真剣に考えないといけない。

海外進出は「何で勝負するのか?」が大切

中小企業基盤整備機構 鈴木修氏。

日本政策金融公庫(神戸支店)の但馬の集い。
ASEANのマーケット状況の最新情報の講演を聴きました。

【ASEAN基礎データ】(日本との比較数字でイメージが掴める)
・ 加盟国(10ヶ国)
・ 面積449万km2        (日本の約12倍)
・ GDP 2兆5547億米ドル     (日本の約半分)
・ 一人当りGDP4000米ドル    (日本の1/10)
・ 貿易(輸出入)2兆2555億米ドル(日本の1.8倍)

様々なデータと合わせて「海外展開の心得」的な指摘がとても参考になりました。

【何で勝負するのか?】という問いかけに3つの項目と日本でのポジション

− 製品で勝負
・国内シェアはトップグループ ・圧倒的な優位性

− サービスで勝負
・日系ならではのきめ細かなサービス ・ローカルでは前例のないサービス

− 製造ノウハウで勝負
・日系ならではの品質管理  ・コスト削減のノウハウ

2部の懇親会では、挨拶と乾杯のお役目を頂戴。

ちょうど、米朝首脳会談の翌日でもあり、今日のテーマがASEANでもあったので、日本は地政学的(geopolitical)対応が重要、インターネットを活用したグローバル展開の可能性もあるのでは、などのお話を簡単に交えて、音頭をとらせていただきました。

V字回復の秘訣は?〜鶴巻温泉「陣屋」

今月のゲストは、鶴巻温泉(神奈川県秦野市)、旅館「陣屋」の女将、宮崎知子 代表取締役。「陣屋」には将棋や囲碁のタイトル戦の対局場として有名な「松風」の間がある。

車のエンジニアだったご主人の実家は「陣屋」の経営者。2009年に親から「陣屋」の経営を引き継いだ時に知ったのは、借金10億円。M&Aも含めて、経営再建を図るが、結局、夫ともに4代目女将として自ら経営を引き継ぐ。

その時代を先取りしたIT活用、週休3日など従業員の待遇改善など、旅館同士のネットワークの構築などでV字回復、その経営が注目されている。

経営を数値化し、見える化し、現実を直視し、その問題の本質を掴み、戦略的に一つ一つ具体的な改革、改善をスピーディーに実行する、卓越した経営スタイルにとても刺激を受けました。

具体的には、
・ 料理の見直し(単価をあげる。顧客満足をあげる)
・ 従業員にマルチタスクを要求(様々な仕事を行う。多能化)
・ 週休3日制を導入し、リフレッシュ、能力開発に当てる。
・ IT活用により、顧客動向、経営数字の把握をし、意思決定に利用
・ 旅館同士のネットワーク「陣屋コネクト」を開発

アドバイザーのまとめとして、「3つの力」が重要。

・ 問題の本質を捉える力
・ 解決する力(アイデア)、代替案を考える力
・ 現場を動かす力

ぜひ、鶴巻温泉「陣屋」に行って美味しい食事をいただきながら、宿泊して見たいと思います。

64期経営方針大会を開催

会社はこの5月が新年度のスタート。本日は「第64期経営方針大会」を全社員出席もとで開催しました。

冒頭、社長から「地域経済牽引企業」(経産省認定)、合わせて、「成長期待企業」(ひょうご産業活性化センター認定)の指定を受けたことを社員に報告。

社長より、64期スローガンが発表される。「初心に帰って」。

創業72年目を迎え、外部としては「顧客のニーズの変化」、社内では「営業・生産システムの硬直化」が課題となってきた。「初心」に戻り、仕事の原点(目的)を確認するところから再出発しよう、とのメッセージ。

東京・青山ショールームともスカイプで繋ぎ、リアルタイムで会議は進行する。

休憩後の第二部では、各部署ごとにテーブルを囲み、それぞれの部門別目標を策定し、模造紙に書き出し、全社員の前で発表する。

もう20年以上、この形式で経営方針大会を年2回、開催している。

私は、前期に社長交代を行ない、会長として会議に参加しました。
みんな、真剣に前向きに取り組んでいる様子が伝わってくる。

まずは「初心・原点」を振り返りつつ、上期目標を達成することに全力を注ぎたい。

決算日は快晴

1985年築。33年経ちました。

今日は会社の決算日。

4/30だが、曜日の関係で本日が今期の最終出勤日。社員全員で在庫の棚卸をする。年々、材料、仕掛品、製品、資材などの在庫適正化やIT活用に力を入れ、丸1日かかっていた在庫数の把握も半日ほどに短縮された。

本社北側のツツジは満開でこの日を迎える。

1年を振り返るこの時、良い時も悪い時も、このツツジはいつも満開。
私の心境を知ってくれているのかもしれない、

岩中工場入り口にはブナの木がある。

北海道七飯町のガルトネルのブナ林の管理人さんから
20cmぐらいのブナの苗を頂き自宅庭に植え、そしてここ工場入り口に移植して育てて来ました。ハンガーの主材料はブナ材。これからも元気よく育って欲しい。

午後は岩中工場の食堂に全社員集合。

下期賞与の支給、恒例の「社員表彰」の授与を行なう。
今回は、今月亡くなった幹部の追悼も行なう。
家族の方に来社いただき、32年間勤務、大活躍した中枢幹部への哀悼の意を全社員で伝えました。