地域デザイン〜地域を売り込む発想法

2014年7月27日 ブログ「KOH's VIEW tumblr」より転記
image

兵庫県但馬県民局主催の「夢但馬2014」のイベント「但馬はゆく」の第2回目に参加しました。
講師は田口幹也さん。23年間の東京生活の中で起業、レストラン経営、新聞・雑誌などの
企画や発行など多彩なキャリアを持つ。

昨年の東京・渋谷ヒカリエでの「豊岡エキシビション」を大成功に導いた企画とそれを
実現する人的なネットワークは素晴らしい。

image

講演後のミーティングでも活発な意見交換がありました。
朝来市の「地域おこし協力隊」の方達が積極的に参加。「面白いこと、楽しいこと」しましょうね。

image

何を(what?)誰に(who?)いかに(how)伝えるか?つい、思いばかりが先走りがちな町おこし。
こういった視点を持つことの大切さを再認識。

訪問者はその地域の特別なことを求めてやってくるのではなく、
いつもある日常を知りたい、体験したい、そのために人はやって来る。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。