Eric Dolphy “Outward Bound”

Eric Dolphy “Outward Bound”

Eric Dolphy : flute, bass clarinet, alto saxophone
Freddie Hubbard : trumpet
Jaki Byard : piano
George Tucker : bass
Roy Haynes : drums

1.G.W.
2. On Green Dolphin Street
3. Les
4. 245
5. Glad to Be Unhappy
6. Miss Toni

Recorded on Apr.1,1960

エリック・ドルフィーの初リーダー作。1曲目の”G.W.”でいきなりドルフィーの「馬のいななき」が入る。独特のフレーズと響き、ドルフィーの演奏スタイルである。

チャーリー・パーカーの本流派のサックススタイルを持ちながら、フリージャズも感じさせるところがドルフィーの真骨頂であり、人気の秘密だろう。ジャズのスタンダード曲 “On Green Dolphin Street”の演奏で確認できる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。