ラフマニノフ 『交響曲第2番 ホ短調Op.27』

ラフマニノフ 『交響曲第2番 ホ短調Op.27』
ロンドン交響楽団
指揮:アンドレ・プレヴィン

第1楽章 Largo – Allegro moderato
第2楽章 Allegro molto
第3楽章 Adagio
第4楽章 Allegro vivace

この交響曲第2番を聴くきっかけは、NHKの「ららら♪クラシック」。ロシア、ペテルブルクでの交響曲第1番の初演大失敗の後、満を持してこの第2番を書き上げ(1907年)、見事、同じペテルブルグで初演(1908年)し、大成功したというストーリー。甘いメロディーの第3楽章Adagioを取り上げ解説。(6度離れた音階がキーポイント)という興味深い解説。

「甘いメロディー」を書かしたらピカイチのラフマニノフというまえぶれにも興味あったが、ドイツのドレスデンに滞在中の作曲というのも興味を持つ。昨年、ドイツの旅で訪ねたドレスデンを思い浮かべながら聴いてみよう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。