Chick Corea “The Song Is You”


Chick Corea “The Song Is You”

Anthony Braxton : as (1-3)
Lee Konitz : as (2,3,6,7)
Chick Corea : p
Miroslav Vitous : b (1-5)
Jack De Johnette : ds (1-5)

  1. Impression
  2. No Greater Love
  3. All Blues
  4. Waltz
  5. Isfahan
  6. Stella By Starlight
  7. Round Midnight

Recorded on Sep.19,1981, at the Woodstock Jazz Festival

凄いメンバー。どんな演奏か想像してみると、まず目につくのはアルト・サックスのアンソニー・ブラクストンが入っているので、馬の鳴き声(ヒヒーンと私には聴こえるのだが)を思い出す。つまりフリージャズっぽい演奏だが、概ね当たり!だ。

2. No Greater Loveは、チック・コリアの”CIRCLE PARIS-CONCERT”(黄色いアルバム)の演奏を思い出す。サックスはもちろんアンソニー・ブラクストンだ。(私の大好きな演奏。ぜひ、聴いて欲しい。)

3.All Bluesは、マイルスもよく演奏しているスタンダードだが、ここではパット・メセニーのギターをフューチャー。

5.Isfahanは、デューク・エリントン楽団がよく演奏した曲だが、ここでは、チック(p)とヴィトウス(b)とデジョネット(ds)のトリオの緊迫した演奏。(素晴らしい)ちなみに、チックとヴィトウスで思い出すのは、チックの”Now He sings,Now He sobs”の名演。

6.Stella By Starlightと7.Round Midnightの超スタンダード曲は、アルトのリー・コニッツの独壇場だ。リー・コニッツのアルトは、いつもいつも聴こうとはならないけど、どこか深いところで心に響くものがある。

ということで、このアルバムは、それぞれの楽器の第一人者の演奏を楽しむのが良いのかもしれない。不思議なアルバムです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。