企業理念の大切さを学ぶ〜(株)川村義肢

今月の経営者クラブのゲストは、(株)川村義肢の川村慶 社長。高校時代からアメリカンフットボールを始め、大阪体育大学時代には関西大学リーグで大活躍。体格も大きく猪突猛進型の経営をされているのかと想像していましたが、会社とは何か、社員を大切に、企業理念に基づいてきめ細かく経営されている。

社員をソウルパートナー(魂の仲間)と呼ぶ。
経営理念:「ソウルパートナーとお客さまのQ.O.L向上を絶対あきらめない」
行動指針:5つのキーワード「常に研鑽」「最高の製品」「心を込めたサービス」「合理化努力で利益」「豊かな生活を築く」

川村社長は、自らの経営スタイルを「放牧経営」と呼ぶ。
社員に任せて思いっきり挑戦し、行動し、成果を出すように指導されている。時々「社長は楽ですね」と言われるが「とんでもない、通常よりも何倍もきめ細かく社員と接しています」と答える。

経営には、社長の覚悟と本気で社員とコミュニケーションをとることが必要だと再認識。川村社長から多くのことを気づかせていただいた。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。