Curtis Fuller “Blues-ette”

Curtis Fuller “Blues-ette”

Curtis Fuller : tb
Benny Golson : ts
Tommy Flanagan : p
Jimmy Garrison : b
Al Harewood : ds

  1. Five Spot After Dark
  2. Undecided3
  3. Blues-ette
  4. Minor Vamp
  5. Love Your Spell Is Everywhere
  6. Twelve-Inc

Recorded on May 21,1959

1970年代、私の学生時代に「幻の名盤」復刻として、話題を呼んだのがこのアルバム。ジャズでトロンボーン奏者と言えば、このカーティス・フラー、そしてJ.J.ジョンソンを思い出すが、サックス、トランペットほどたくさんのプレイヤーがいるわけではない。
日本では、向井滋春、福村博、それに丹後の知人宅でのジャズコンサートで大山日出男セクステットの片岡雄三さんだ。

人気の秘密は、1.Five Spot After Darkの親しみやすい曲と演奏者の個性的なアドリブだろう。名盤にこの人ありのピアノのトミー・フラナガン、ベースのジミー・ギャリソンのバックも聴きものです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。