Paul Chambers “BASS ON TOP”

Paul Chambers   “BASS ON TOP”

Paul Chambers : bass
Hank Jones : piano
Kenny Burrell : guitar
Art Taylor : drums

1. Yesterdays
2.You’d Be So Nice to Come Home To
3.Chasin’ the Bird
4.Dear Old Stockholm
5.The Theme
6.Confessin’
7.Chamber Mates

Recorded in 1957

ポール・チェンバースは、これまで紹介してきたマイルス・ディビスウィントン・ケリーアート・ペッパーソニー・クラークなどのジャズを代表する演奏でベースを弾いている。

そのウォーキング・ベース、ボーイング(弓弾き)、ピチカット奏法も、全て一級品。特にウォーキングは独特のバッキングで、心地よい。

同時代にジャズ・ベースのトップを競ったリチャード・デイヴィスから一目置かれ、その後のベーシストに多大な影響を与えた。

学生時代に、アルバム名を見ずに、楽器演奏だけを聴いて奏者を当てる「ブラインドフォード遊び」をよくしたものだが、ウィントン・ケリーのピアノとこのポール・チェンバースのベースは、自信を持って答えたものだ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。