ライン川の流れと共に〜ドイツ・ウィーン・プラハの旅

近ずく旅の終わりにライン川の村を訪ねる。
リューデスハイム(Ruedesheim)。

ゴンドラリフトで山頂へ。
見渡す限りのブドウ畑。

 

山頂からのライン川。

ドイツは森の国だと実感する小道。
(リューデスハイマーから隣町アスマンスハウゼンへ)

ドイツ統一のシンボル「ゲルマニアの像」(1883年建立)

地元産のブランデーを注いだリューデスハイマー・カフェ。
(かなりブランデーがたっぷり)

帰りは船で、アスマンスハウゼンからリューデスハイマーへ、「ライン川上り」

いよいよドイツともお別れが近ずく。
宿泊させていただいているペーターさんの家からすぐのワイナリーへ。

ミュンヘンのビールで始まった今回のドイツ・ウィーン・プラハの旅の最後は、フランクフルト近郊のフレアースハイムのワインでお別れだ。

自転車のツーリング途中で一杯。
と思ったら、馬でやって来て一杯。
こんな豊かでお洒落な風景ってあるんだね。

フランクフルト空港へ向けて着陸体勢の飛行機が次から次へ。

滔々と流れるライン川、雄大に沈む夕陽。
今回の旅で会ったすべての友人を思い出しながら眺める。

一緒に旅をした親友Bさんに最大の感謝を込めながら家路に。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。