プラハ街歩き〜建築が面白い

プラハ街歩きを開始。何と言ってもまずは、ヴァーツラフ広場へ。
その突き当たりにある「国立博物館」。
(1回目のプラハ訪問時に入館。今回は時間の都合外観だけ)

ヴァーツラフ広場の「ヴァーツラフ像」。

ヴァーツラフ広場は、チェコ現代史のシンボル。
1968年「プラハの春」で民主化を叫んだ市民をソ連のワルシャワ条約機構軍が侵攻し、弾圧。1989年の「ビロード革命」でも、この広場に市民50万人が集まり、民主化を実現した。

プラハの街には、中世ロマネスク、ゴシック、ルネサンス、バロック、アール・ヌーヴォー、アール・デコの様式の建物が目白押し。建築を観て回るだけでも訪れる値打ちがある。

まだまだある。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。