アートなウィーンの1日〜ヴェルヴェデーレ宮殿

ベルヴェデーレ宮殿。

1752年に、ハプスブルク家のマリア・テレジアの手により夏の宮殿ととして利用される。バロック建築様式の宮殿。この宮殿の一角には、作曲家ブルックナーが過ごした家もあると言う。

宮殿からはウィーンの中心部が一望できる。

『ベルナール峠からアルプスを越えるボナパルト』

全ての絵画の写真撮影OKと言うことで、ダヴィッドのナポレオンの前でパシャ。

ジャック=ルイ・ダヴィッド(1748年〜1825年)は、フランスの新古典主義を代表する画家。

 

「ユディト」

グスタフ・クリムト(Gustav Klimt, 1862年〜1918)。ウィーンの世紀末絵画を代表する画家。

「接吻」

題名は?(宿題)

エゴン・シーレ(Egon Schiele 1890年〜1918年)。

グスタフ・クリムトらのウィーン分離派、象徴派、表現主義の影響を受けつつも、独自の絵画を追求した画家。

(宿題)

モーツアルト像

オペラ座のあるKarlsplatz に戻って、周囲の公園を散策。

ゲーテ像の前でパシャ。

セセッション館は、残念ながら休館でした。

ウィーン分離派(セセッション)の展示施設。建築家ヨゼフ・マリア・オルブリッヒの設計により、1897年から1898年にかけて建設。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。