「人の気持・土地の気持」但馬コネクション9月(No.50)

今月のゲストは、象設計集団の富田玲子さん。

但馬コネクションは50回目を迎え、会場となっている「ドーモ・キニャーナ」を設計していただいた建築家・富田さんをお迎えして、そのコンセプトから始まって多数!のエスキース、スケッチ、縮小模型などの記録をご紹介しました。

プライベートな資料や話題にもなるのですが、50回記念ということに免じて、思い切ってご紹介することにしました。(後にも先にも特例です)

オノマトペ(擬音語、擬態語の意味)を使って、様々な建物を提示しながら解説。これがまた面白い。分かりやすい。

「こっそり すっぽり ぬくぬく」「もっこり こんもり にょきにょき」「すけすけ そよそよ ゆるゆる あいまいもこ」

人の「穴ぐら的願望」「開放的願望」などを建築でどのように実現していくのか、とても分かりやすく、納得。

第2部の交流会も大盛況。
開始と同時に照明を決して、富田さんの誕生日(3日後)お祝いサプライズ。お歳に比べてとてもお元気だ!!!

京丹後市から、たつの市から、Iターンで引っ越ししてきた人、建築好き、町づくり関連、若手起業家、そしていつものメンバーと多士済々の参加者。

知見を広め、出会い、意見を交わし、意気投合し、新しいチャンレジが生まれる「新しい広場」としての役割を感じながらの楽しい夜となりました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。