ボトムアップの経営〜手頃な値段で本物の味を

リッツ・カールトン大阪で開催される経営者倶楽部。

約20〜30人の経営者が集まり、各業界で活躍中の経営者をゲストに招く。
アドバイザーからの本日のキーポイント説明があり、ゲストが登場。
アドバイザーからゲストへの質問形式で「経営の真髄」へと迫り、後半に全体での質疑応答と言う形式でセッションが続く。

休憩を挟んで、第2部は4〜5名ずつ各テーブルに別れて、より密着して意見交換ができるのが魅力である。

久志本京子 代表取締役社長

今月のゲストは、(株)RDCホールディングスの代表取締役 久志本京子氏。

急逝された実兄のあとを継ぎ、社長として7年間、さらなる成長を続ける「ボトムアップの経営」の極意を語っていただく。

約6000億円と言われる回転寿司業界。トップ3(1位スシロー、2位くら寿司、3位かっぱ寿司)で75%を占める激戦ビジネス。

(株)RDCは「がってん寿司」で創業。
グループ会社には、とんかつ、韓国料理、イタリアンなどのレストランあり。

経営理念
「Good Person, Good Company, Good Future」
3つの約束
・ Reasonable  (手の届く贅沢の追求)
・ Delicious    (食のパイオニアであり続ける)
・ For Customers(日本の食文化を世界に広める)

久志本社長の『手頃な値段で、本物の味が楽しめる』を目指すブレない経営姿勢。主婦から経理責任者、そして経営者というキャリアを歩んで来られたが、その間に培われた「経営センス」が素晴らしい。

「顧客目線」と言う言葉を何度も口にされる久志本社長。

社員の夢、希望、意見を汲み取りながら行なう「ボトムアップ経営」。
「やるか、やらないか」の決断を迫られる新規事業などの案件。
社員の夢への決断(情)の裏には、指標となる「経営数字の達成」(合理)という判断、行動、分析、新たな指示、と言うデータの徹底活用がある。

経営幹部との理念、現状認識、ビジョンの共有のやり方、などとても参考になったセッションでした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。