Miles Davis “THE CELLAR DOOR SESSIONS 1970”

Miles Davis “The Cellar Door Sessions 1970”

Miles Davis : tp with wah-wah
Gary Bartz  : ss and as
Keith Jarrett : fender rhodes el-p., fender contempo org.
Michael Henderson : b
Jack DeJohnette : ds
Airto Moreira : perc on [CD 2-6]
John McLaughlin : g on [CD 5-6]

・”What I Say”         Miles Davis
・”Honky Tonk”        Miles Davis
・ “It’s About That Time”   Miles Davis
・ “Improvisation”      Keith Jarrett
・ “Inamorata”         Miles Davis
・ “Sanctuary”         Wayne Shorter

Recorded on Dec. 16-19 , 1970

Miles Davis、1979年12月、Washington D.C.でのライブ録音を収めた6枚組のボックス・セット。(2005年発売)

演奏曲目(上記)は、順序を変えながら、ほぼ毎日演奏されたもの。

1970年のマイルスは “Bitches Brew” の大ヒット、フィルモアやワイト島のロック・フェスティバルなど数万人規模のコンサートに連続出演。

そんな折に、ワシントンD.C.の小さなライブハウスで4日間の完全な演奏が聴けるのがこのアルバム。

2キーボードのうち、チック・コリアが抜けて、キース・ジャレットのエレクトリック・キーボードが聴ける貴重な演奏。

デ・ジョネットのドラム、ヘンダーソンのベース、モレイラのパーカッションが加わって、よりファンキーな演奏が心地よい。

このアルバムを知ったのは、先日読んだ「ピーター・バラカン音楽日記」。私にとって「未知のミュージック」の扉を開いてくれる。

「次の音」を模索しているマイルスの演奏だと思うと、聴いているこちらも気合が入る。(笑)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。