ネブラスカ州ビジネス訪問〜穀物、牛肉を運送する巨大物流

ネブラスカ州リンカーン市を出発をし、オマハ市へと向かう。見渡すかぎりのトウモロコシと大豆の畑が続く。

ネブラスカとは、ネイティブアメリカンの言葉で「平らな川」と言う意味。

ネブラスカ州には、ポンカ族、オマハ族、サンテ・スー族(ダコタ族)、ウィンネバーゴ族と言う4つの部族が住んでいる。

Dee Baird氏 (左端)、Cobus Block氏(右2人目)

オマハ市に到着。
オマハ商工会議所のメンバーとランチ・ミーティング。
みんなお洒落ですね。

右から二人目がネブラスカ州政府経済開発局のCobus Block氏。彼に私たちの訪問先をアテンドしていただいた。

ネブラスカ州の産業は農業。州別生産額は全米第3位(23,639百万ドル)。トウモロコシ、大豆についで牛肉となる。私たちもオマハ・ステーキをいただく。赤身で柔らか。焼き加減もパーフェクト!

私の前に座ってたディー・ベアードさん(経済開発副部長)。私の次男は、日本の高校(豊岡高校)を卒業後すぐにアメリカの大学に進学。お隣のアイオワ州の大学で4年間学んだと話すと、なんとベアードさんの夫も同じ大学を卒業。最後に一気に話が盛り上がり、ツーショット。(It’s a small World ! )

午後は、穀物商社Scoular社。どう言う経緯か知らないけど、例の粉飾決算が発覚して倒産した(エンロン事件、2001年)エンロン社から買収したのが、この本社建物だそうだ。

農産物ビジネスについて説明を聞く。特に、日本への大豆の輸出が大きい。日本の大豆消費の7%が、このScoular社からものとは驚きです。

本社建物の外観はシンプルだが、中のオフィスルームは高い天井とクラシックな意匠で落ち着いて仕事ができる。地方にあってもアメリカ企業の底力を感じる空間だ。

午後2つ目の訪問企業は、物流のWerner Logistics社。全米4位のトラック輸送会社。トラック7000台、コンテナー24,000台を駆使して、全米の物流を支える。特に、国境超えのメキシコとの物流は全米1位。

創業者のC.L.Werner氏の写真。19才の時、家にある小さな乗用車を売り、その資金で中古トラックを購入して創業。1代で全米4位のトラック運送業者に。現在82才でご健在。まさにアメリカン・ドリームを実現した人物。

ワーナー氏が19才の時に購入したトラック(レプリカ)。
最初はこれ1台。自ら運転し、草原の風をきって疾走するワーナー氏の姿を想像する。
 

会社を案内していただく副社長(右側)。ちょうど通りがかったベテランのドライバー(左側)。50年間無事故。ワーナー社の誇りだとの紹介です。

大型トレーラー運転のシミュレーション機。

超デカイ敷地と社屋。全米をカバーする配車セクションのオフィスは壮観。その他、ドライバーのためのジム、プール、ショップ、休憩場所など全て24時間オープン。

実際にやってみる。街、草原、雨、雪、工事、横道から飛び出してくる車、などいろんな場面が登場。横風も想定してハンドルが取られ、シートが揺れる。とてもトレーラーを運転するなんて想像もつかない。

社屋裏手には、数百台の現役トラックが整列する。

トラックの平均年齢は1.9才。新車トラックを購入してから3.5年〜4年で更新。月200台ものトラックが中古市場で販売し更新される。メンテナンスが良いため、高額で売れるそうだ。その販売利益は10億ドル。アメリカ経済、市場のダイナミックさに圧倒される数字だ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。