Bill Evans “AFFINITY”

Bill Evans “AFFINITY”

Bill Evans   (p, keyboard)
Marc Johnson (b)
Eliot Zigmund  (ds)
Larry Schneider  (fl, ts, ss)
Toots Thielemans (harmonica)

1.  I Do It for Your Love (Paul Simon)
2. Sno’ Peas (Phil Markowitz)
3. This Is All I Ask (Gordon Jenkins)
4. Days of Wine and Roses (Henry Mancini, Johnny Mercer)
5. Jesus’ Last Ballad (Gianni Bedori)
6. Tomato Kiss (Larry Schneider)
7. The Other Side of Midnight (Michel Legrand)
8. Blue in Green (Miles Davis, Bill Evans)
9. Body & Soul” (E.Heyman, R.Sour, F.Eyton, J.Green)

Recorded on Oct.30-Nov.2, 1978

ビル・エヴァンスと言えば“Waltz for Debby”“Portrait in Jazz”、”Explorations”などのトリオ演奏を聴くことが多い。実際にビル・エヴァンス演奏の愛聴盤アンケートでも必ずトップに並ぶ。

これはトゥーツ・シールマンス(Toots Thielemans)のハーモニカとの共演。トリオで聴くビルのクールで凛とした演奏とはちょっと趣が異なる。リーダーとして演奏をリードするのが常のビルが、リラックスしてトゥーツとの共演を楽しんでいるような雰囲気で演奏が進む。ビルの違った一面を楽しむことができる。

1.I Do It for Your Love(ポール・サイモン作曲)、7. The Other Side of Midnight(ミッシェル・ルグラン作曲)のエレピー演奏。聴きどころ満載。

何かをしながらのBGMとしても、しっかり聴き込んでも、楽しめる名盤。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。