『まかせる力』 高田明、新将命・著

メンターは一人(一作品)でもよいですが、できれば複数を持ち合わせておくと広がりが出る気がします。例えば、歴史上の偉人と近現代の名経営者などの複数のファンになっておくとよい。そうしたメンターに繰り返し触れることで、共通する教え・法則のようなものに気づくこともあるでしょう。
『まかせる力』 高田明、新将命・著 (p38)

帯にある「ジャパネットはなぜ社長交代後も高成長が続くのか?」にひかれて読んでみました。

私自身、昨年5月に社長交代を行ない、1年が経ちました。「会長」として何をすべきか、何をしないでおくべきか、模索しながらの毎日です。新(あたらし)氏の「経営者の最大の美学は引き際」の言葉を信じつつ。

「企業理念には3つの意味がある」
・ Mission 〜 会社は何のために存在しているのか?
・ Vision    〜 どうなりたいのか?
・ Value  〜 何を大切にしているのか?

高田氏の情熱を傾け、原理原則を大切にする経営は大いに示唆に富んでいる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。