Oregon “IN CONCERT”

Oregon “IN CONCERT”

Paul McCandless : oboe, english horn
Glen Moore : b, eb, fl, p
Ralph Tower : g, 12 strings g, mellophone, p
Collin Walcott : sitar, tabla, mridangam, violin

1. Introduction
2. Become, Seem, Appear
3. Summer Solstice
4. Undertow
5. Silence Of A Candle
6. Tryton’s Horn
7. Yet To Be

Recorded in 1974

Oregonはよく聴く。

オレゴンのメンバーは、

ポール・マッキャンドレス(オーボエ、ホーンetc)
グレン・ムーア(ベース、ピアノetc)
ラルフ・タウナー(ギター、ピアノetc)
コリン・ウォルコット(シタール、タブラ、ヴァイオリンetc)

の4人組。

それぞれマルチプレイヤーだ。 彼らのCDは、オレゴンとして、それぞれのソロとして、結構持っている。 以前、紹介させてもらったのは、 Glen Moore and David Friesen “IN CONCERT” “MUSIC OF ANOTHER PRESENT ERA” オレゴンのCDの中では何と言ってもこの “In Concert”を一番たくさん聴いているだろう。

それは“Silence Of A Candle”が入っているため。 アジアン情緒たっぷりの甘いメロディー、静かに始まり徐々に盛り上がる演奏、コリン・ウォルコットのシタールが最大の聴きものです。

学生時代に観た唐十郎・赤テントの芝居の中で、この曲が使われていたと思うのだが。勝手に結び付けて記憶しているのだろうか。赤テントの芝居とよく似合う曲なのだ。 ぜひ、聴いてみてその感想を聞かせていただきたいものです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。