自宅裏の風景(春編)

自宅裏の風景。

山、いろいろみどり。
川、ふかみどり。
一番美しく輝く季節だ。

裏山からずっと続く緑の稜線。
その先には進美寺山。

左側に目をやると玄武岩の岸壁に円山川がぶち当たり右90度に曲がる。

木の枝の間に見える赤い屋根、白い壁の建物が豊岡市商工会館。昭和初期に建てられた古い洋風建物。かつては日高町の役場庁舎、その後、日高町商工会館となる。父はこの建物で商工会長として12年間、私は商工会青年部として12年間、活動の拠点となった縁深い懐かしい建物である。

来年から、劇作家・演出家の平田オリザさん率いる劇団「青年団」の稽古場であり、劇場として利用される予定。これはこれでとても楽しみです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。