Mountain “FLOWERS OF EVIL”

Mountain “FLOWERS OF EVIL”

Leslie West – guitar, vocals
Felix Pappalardi – bass, vocals
Steve Knight – organ
Corky Laing – drums, percussion

1. Flowers of Evil
2. King’s Chorale
3. One Last Cold Kiss
4. Crossroader
5. Pride and Passion
6. Dream Sequence
7. Mississippi Queen

Recorded in 1971

なぜか何年経っても聴き続けているアルバム。このジャケットから連想されるのは、1960年代、アメリカ西海岸、タイトルからしてもフラワームーブメントかそれに近いアナーキーな存在、そんなところだろうか。

1曲目“Flowers of Evil” 小気味のいいリズムを刻みながらアメリカン・ロックで始まる。ところが2曲目“King’s Chorale” バラード風キーボードの小品。3曲目“One Last Cold Kiss” からはウエストのギター、パッパラルディのベースとボーカルがガンガン前面にでる。(いい感じ)

私が特に気に入っているのは5曲目“Pride and Passion”。幻想的な前奏がしばらく続き静かに始まり、ヴォーカルへと繋がる。間奏の鳴きのギターがまた良い。

6曲目“Dream Sequence”は6曲を繋げたメドレーのライブ録音。
Dream Sequence: 25:03
Guitar Solo (West)
Roll Over Beethoven (Chuck Berry)
Dreams of Milk and Honey (West, Pappalardi, John Ventura, Norman Landsberg)  Variations (West, Pappalardi, Laing, Steve Knight)
Swan Theme (Pappalardi, Collins)

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。